ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

SMBC日本シリーズ2016第三戦は、敵地札幌でサヨナラ負け

time 2016/10/25

うーん、やっぱりすんなり勝たせてはもらえませんでしたね!
このシリーズで初めて、日ハムに先制されて追いかける形となりましたが
エルドレッドの2ランホームランですぐさま逆転。
スコアが2-1となってからは一転して、カープ黒田さん、日ハム有原投手が互いに譲らず
拮抗した試合展開でした。
黒田さんVS大谷くんの対戦は2ベースヒット×二本と、相変わらず大谷くん当たってます。
6回裏に巡って来た第三打席でようやく打ち取って、あとワンアウトで攻守交代の場面で
黒田さんが突然マウンドを降りたときには何事かと思いました。
どこか異変があったのか?どうしたのだろう・・と心配していると、再びマウンドへ。
いけるのか?!と期待したのもつかの間、1~2球投げて感触を確かめると
続投を諦めてそのまま降板してしまいました;;
試合後のニュースでは両足が攣ったのが原因と出ていましたが、大谷くんとの対戦で
よっぽど力が入ったのでしょうね。
そもそも満身創痍の身体なのに、ここまでほぼパーフェクトなピッチングを続けてくれました。
6回途中での降板にはなりましたが、この時点では勝ち投手の権利を得ていましたし。
ホームでの2戦を思えば、もう少し点を取って黒田さんには楽に投げてほしかったですが
有原くんも良いピッチングだったので、思うように打たせてもらえませんでしたね。
1点差で逃げ切れたら・・との願いもむなしく、8回にジャクソンが捕まってしまいました。
結果が出てからタラレバ言っても仕方ないのですが、色々と惜しかったですね^^;
9回に誠也の3ベースヒットが出たのが明るい材料ですし、そのまま終わることなく
安部のタイムリーヒットで一旦は同点に追いついたのは、勝負強いカープが表れていました。
しかし、新井さんの4番起用はハマりませんでした××
黒田さんに勝ちをつけたいと思うあまりに、力が入りすぎていたというか
簡単にボール球に手を出して三振する、悪い時の新井さんでした。
ポストシーズン入って絶好調だったコースケも、今日は完全に抑えられて4打席ノーヒット。
切り込み隊長が出塁しないと怖さがないものです、やはり。
大瀬良くんは慣れない9回からの登板にも関わらず、堂々としたピッチングでした。
打者に向かっていく気持ちが出ていましたし、大谷くんのサヨナラヒットで負けはしましたが
あれは打った大谷くんを褒めるべきかなと。

刻々と移り変わる局面において、最善と思われる選択をしての結果なので
すべて呑み込んで気持ちを切り替えてから、また明日以降戦ってほしいです。
黒田さんの登板は恐らく今日が最後だと思いながら観ていましたが
本当に素晴らしいピッチングでした。
ここまでできるのに・・と惜しむ気持ちもありますが、余力を残して引き際を見極めた
黒田さんの意思を尊重するしかありません。
相手は稀代の天才を擁する手ごわいチームですし、最初から一筋縄でいかないことは
監督、コーチ、選手みんなが覚悟しているはず。
敗戦のショックを引きずらず、明日以降の戦いに頭を切り替えて頑張ってほしいです。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


sponsored link