ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

SMBC日本シリーズ2016第四戦、敵地札幌で痛い連敗

time 2016/10/27

SMBC日本シリーズ2016第四戦は、途中まで妹2宅で観戦していましたが
6回終わったあたりで観るのを止めて家に帰りました。
結果は、第三戦と同じく8回登板のジャクソンが2ランを浴びての敗戦。
先発岡田くんの立ち上がりは、かなり緊張感もあったでしょうし
ボール球が多く、コントロールに苦労している様子がうかがえましたが
初回いきなり満塁のピンチを抑えて以降は、粘りのピッチングで5回無失点。
前日サヨナラの立役者である大谷くんも、きっちり無安打に抑えました。
6回先頭打者の中田への初球が甘く入り、ソロアーチを浴びましたが
この時点ではまだ同点です。
CSでは、初回に大量得点で援護されながらも複数失点したことを考えれば
新人には荷が重かったであろう日本シリーズ四番手として、十分な仕事を果たしました。
ホームでの一、二戦目のように上手くいくとは思っていませんでしたが
それにしても・・です^^;
日ハムの高梨投手も良いピッチャーなのでしょうが、ポンポンと追い込まれて
フライを打つばかりの単調な攻撃には、全く怖さがありませんでした。
菊池と丸がどうにか出塁しても、4番新井さんが大ブレーキだし××
まるでズムスタでの中田選手を見ているかのようでした。
あの場面で力むなと言うのは無理ですが、にしても初球内野フライって・・。
満塁で走者返せず追加点が奪えなかったところで、今日の流れはカープじゃないなと
思ってしまいました。
好不調の波があるのは仕方ありませんが、新井さん本人が一番悔しいだろうなぁ。
松山も全く当たる気配がなく、昨日の反省を踏まえてか途中で野間と交代しましたが
シーズン通りのセオリーを守って昨日もそうしていれば・・と
タラレバの一つも言いたくなってしまいます。
カープの得点にしたって、相手のエラーによってもらった1点だけですからね。
あれがなければ、きっちり3-0で完封されてました^^;
それに対して日ハムは、4番中田がしっかりと同点ホームラン、6番レアードが
8回裏に2ランホームラン。
きちんと試合が作れる投手の良さもありますし、それに攻撃陣がしっかり応えています。
黒田さんの三戦目、岡田くんの四戦目。投手陣は苦しいながらも粘りのピッチングで
最少失点に抑えました。それでも勝てないのは打撃陣が不振だから。
このまま眠っているようだと、中田、レアード、そして大谷くんに好き放題やられて
日本シリーズは終戦です××
もちろん黒田さんと日本一になりたいけど、攻撃陣が、もっと言えばベンチの采配が
あれだけちぐはぐだと、勝てる目はないように思います。
5戦目にジョンソンがいくにしても、ズムスタのような地の利はありませんし
逆に2連勝で波に乗っている日ハムが反撃してくる可能性は十分にあります。
もともと戦力的には日ハム有利だと思っていたので、初戦、二戦目と連勝したのが
出来過ぎなくらいでしたが、長距離移動を経ての真剣勝負というのは
傍で観るよりもずっとずっと苦しいものなのでしょうね。
セ・リーグ優勝できただけで、CS突破できただけで、カープファンにとっては
素晴らしいシーズンなのですが、勝てば勝つほど欲が出てくるのが人間。
残り試合は、勝っても負けても後悔が少なければそれでいいと割り切って
もう少し気楽に観戦したいです^^
しかし、栗山監督は本当に良い監督ですね・・。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link