ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

SUGAR&SYRUP

time 2018/12/23

2018年も、残すところ一週間ほどですね。
最近、ブログの更新が落ち着いていますが、ニトロは元気に過ごしています^^
書きたいことはあるのだけど、何となく後回しにしてしまって、結局そのままお蔵入りしているネタが多いです。
愛媛県美術館で『石本藤雄展』開催、大決定!!
愛媛の石本藤雄さんの展覧会にも行きました。
とても素晴らしい展示内容で、石本さんの感性の鋭さと卓越したセンスに、溜め息が止まりませんでしたよ。今後、京都と東京での巡回展もあるみたいなので、タイミングが合えば行きたいなぁ。でも、愛媛県美術館の所蔵品と石本さんの作品のコラボレーションは、愛媛ならではの見どころだっただろうから、愛媛まで行った甲斐はありました。本当に必見の展示でした。

二枚目のGenセーター、今は完全にストップしてます。ちょっと、途中で間違えてしまってたのに気付き、それを直すのが面倒くさい。。って感じで放置中。手をつけたらあっという間なのだけど、一度止まると再び動き出すまでが長いのですよね。正月休みに、進められる範囲で進めたらいいかな。無理せずに。今シーズン、着られたら御の字ですね。

さて、表題『SUGAR&SYRUP』について。

最近、妹2の影響で、BTS(防弾少年団)の音楽をよく聴いてます。
ニトロは、昔からバンド音楽好きで、いわゆるK-POPには全く興味がありませんでした。だから、一年前くらいに、妹2が「バンタンかっこいいよー」と言ってたのも、スルーしてて。
けど、妹2の車に乗ればMVが流れてるので、否が応でも聴かされるうちに、何となく曲を覚えてきて。アルバムを聴くと「いや、普通に良いじゃん??」と。毛嫌いしてたわけじゃなくて、ただ、機会がなくて知らなかったので、触れてみると良い作品って沢山ありますね。世界は広いです。
ジャザサイズも、変わらず通っていますが、そこで流れる音楽も素敵でカッコいい曲がたくさんあります。気になる曲があると、インストラクターさんにアーティスト名を教えてもらって、YouTubeで確認してみたり。ケイティ・ペリーやジャスティン・ビーバー、マルーン5、エドシーランなどなど、これだけのビッグネームでも、ジャザに来なければ、ニトロは知らない曲だらけでしたもん。ちなみに、BTSのDNAでも踊りました^^

なかなかタイトルまでたどり着かないのですが、ようやく。
SUGARは、甘いもの繫がりのSYRUP(syrup16g)とかけたのですが、BTSのメンバーSUGA(シュガ)にちなんでます。
作詞作曲をこなし、プロデューサーも兼ねているシュガ。
正直、最初にMV見た時には「アイドルとしては地味だなー」「少し松田龍平似かな?」って思ったくらいで、気にも留めてなかったです。やっぱ、ビジュアルやダンスでは、他に目を引くメンバーがいますから。そもそも、音楽がかっこいいから聴いてるだけで、メンバーを認識する必要もなかったので、ごく最近まで、誰が誰やらさっぱりでしたし。
でも、だんだんと、この音楽を作ってるって凄いよな。。と気になる存在になり、動画サイトを漁って、可愛かったり格好良かったり、色々なエピソードを目にするうちに、どっぷりとシュガにハマってしまって。

妹2とのもしも話で「もし、一人だけ、メンバーと握手できるとしたら、誰がいい?」と話して、妹2はジンさん、ニトロは特に誰ってのはないけど、一生に一度くらいは、とんでもないイケメンを間近で見てみたいからテテかなーって言ってました。でも、今は迷いなく「シュガ!」って断言します。

シュガの歌は、まずメロディが美しくて、低くつぶやくようなラップが心地よいです。
シュガのソロ曲を聴いてると、無条件で涙が出てくるのですよ(年を取って、ますます涙もろくなってる)。我ながら、情緒不安定すぎん?と思いつつ、音楽を聴いたり、絵を見たりで、感動できる感性がまだ残っていることに、少しだけ安堵感を覚えたり。
しかし、曲を聴くと泣けてくるこの現象は。。そう、syrup16gの、五十嵐さんの歌を聴いたときと同じ。
何がそこまで好きなのだろう?と考えるに、シュガの書く歌詞=人生に対する立ち位置や考え方が、なんだかとても、五十嵐さんを彷彿とさせるのですよね。

人生への諦観、どうしようもなさ、仕方なく生きてる、でも、光を求めてしまう、みたいな。
才能があるが故の苦悩。繊細さ。特に、シュガは元々裏方思考で、望んでアイドルになったわけではないので、理想と現実の折り合いをつけるのは容易ではなかっただろうし、今の場所に辿り着くまでには、他人には想像すらできない苦しみを味わってるはず、なんですよね。
クールな言動とは裏腹に、とても情に厚く優しい人なんだろうなぁ、と思います。
もし、シュガがsyrup16gの音楽を聞いたら、どんな感想を抱くのかなー?と考えると楽しい。

少しでも興味が出た人は、まず!ニトロのイチオシ曲『Seesaw』を聴いて欲しいです。シンガーとしてのシュガを堪能できます。ライブ映像では、バックダンサーをひきつれて踊るダンスも格好良い。合間に見せる微かな微笑みで、ファンは(ニトロ含む)悶絶ですよ。

『So Far Away』は、ジンとジョングクが参加してるバージョンを。スランさんとのコラボバージョンもあって、そちらも良い雰囲気です。

syrupはと言うと、ダイキちゃんは相変わらず引っ張りだこで元気に活動してますが、五十嵐さんはどうしてるかな?
早く会いたい~活動待ってるよ~って人も多いだろうし、もちろんニトロも待ち遠しいですが、まだ、全然、待てます。ここから二年くらい休んでも大丈夫なくらい。まずは五十嵐さん自身の、自分の心と体のメンテナンスが一番ですからね。またいつか、気分が向いた時に歌を聞かせてくれるなら、それに勝るものはありません。

とりあえず、この歳でK-POPを聞くようになるとは思いませんでしたけど^^;
シュガと五十嵐さんが妙にダブってしまって、何となく書きたくなったので、ブログに残しておきます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


sponsored link