ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

syrup16g 『Kranke』

time 2015/05/20

syrup16g 『Kranke』

先日、先行MVが届いたsyrup16gの新譜ですが、ニトロは発売日前日にフラゲして絶賛リピート中です。
今作は、5曲入りのシングルですが、1曲はインスト。
MV曲の冷たい掌はもとより、他の曲も「syrup16g以外の何物でもない」良作揃いです。

いつも思うのですが、五十嵐さんの、syrup16gの曲は、それぞれの楽器の鳴り方が際立っています。
syrup16gというと、五十嵐さんの描く歌詞世界と相まって暗いイメージがあるかもしれませんが、ニトロにとってはその点はあまりメインではありません。
とにかく、syrup16gは音が独特で中毒性があるのです。
今作もそうですが、ギター自体の説得力がハンパない。
ニトロは、楽器演奏はできませんし、すごく狭い範囲の音楽しか聞いていないので
専門的なことも全く分からない素人です。
けれど、syrup16gの楽曲で鳴っているギターや、ドラム、ベースなどは、それ自体が雄弁に語りかけてくる情報量が多いというのが、紛れもない実感なのです。
そして、単純に聞いていて気持ちいい音。
たぶんsyrup16gに出会うまでは、それぞれの楽器の音まで聞き分けていませんでした。

syrup16gのHELL-SEEを初めて聴いた時に
「なんだこの綺麗なギターは!!」と感動した時から、今もずっと、音それ自体に感動するのはsyrupだけです。
ギター一本で、ものすごく綺麗なメロディーを奏でることができるのは、五十嵐さんの特筆すべき才能です。

アコギでの「明日を落としても」「センチメンタル」が分かりやすい例ですが、ニトロが何度もリピートしてしまうのは、2013年5月の五十嵐隆単独名義でのライブ『生還』での一幕です。
アンコールも終わり、本当の最後の曲、翌日。
曲の前に、この日唯一と言える五十嵐さんのMC。
翌日のプロトタイプの曲を、歌詞だけ変えたので・・聴いてください、と前置きして演奏されたギターのイントロ、五十嵐さんの声、歌詞。エレキギターのストロークが鳴っているだけなのに、それだけでsyrup16gだと分かるのです。
ただの一小節でさえ、五十嵐さんの才能が迸りすぎて眩しいくらいでした。
記憶力がほとほと悪いニトロですが、あの時の感動は忘れずにいたいなあ・・と願っています。

今作のサウンドエンジニアはHELL-SEEを手掛けた高山徹氏なので、音像にも影響が感じられる気がします。
そう知っているから、そう聞こえるだけかもしれませんが^^;
何となく、同じような空気感を纏っているというか。

あと全編通して、バンドサウンドを鳴らすことを楽しんでいるのかな~と伝わってくるものがありました。
Hurtより、もっともっと3人の音ががっちりと絡み合っているような。
曲を創りあげる過程で、様々な意見交換をしながらできあがったのだろうな~と思わせる曲。
その過程は、作り手である五十嵐さんにとって、もちろん辛く苦しい作業だろうけど、でも、結局自分にはこれしかないんだなと再確認して昇華できている。
人生別に楽しくないし
自分のことは、絶望的なまでに好きじゃないけど
何とか、今いる場所で踏ん張っている。
五十嵐さんの心象風景と、曲のリンク具合がほぼ重なっているように思えて、聴いてるこちらも「ここまで歌っていいの?大丈夫?」と心配にならないでもないですが、それがsyrup16g、そこがsyrup16gとも言えるし。

Krankeの独り言レビューしようと思ったのに、そこに辿り着くまでが長くなってしまったので、続きはまた後日!

2015.5.21 追記しました
syrup16g『Kranke』 独り言レビュー

ニトロは、画質音質優先でBlu-ray版を購入したのですが、一つ難点はカーナビで再生できないこと。
カーナビ用に、普通のDVDも買おうかと迷い中です。。
生還でしか披露されていない新曲群も好きですし。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link