ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

『鯛焼屋よしお』と匹見峡での水遊び

time 2016/08/21

『鯛焼屋よしお』と匹見峡での水遊び

甥っ子の夏休みも終盤にさしかかり、今年最後の水遊びに匹見峡へ行ってきました。
中国自動車道の加計スマートIC(ETC専用)から商店街方面に6分ほど走って
まずは、ニトロ父のおすすめ店『鯛焼屋よしお』に寄り道。
IMG_20160819_102036
県外からの来店も多く、休日ともなると行列必至の人気店らしいのですが
この日は平日だったからか?午前11時の時点でお客さんはニトロ達のみ。
おかげで待ち時間なしでした。平日万歳です^^
IMG_20160819_102047
鯛焼屋よしおのHPより、たい焼きのこだわりを抜粋。

餡:生地と調和した、適度な甘さです。
100%北海道十勝産小豆(あずき)を使用しています。
小麦粉:国産小麦粉100%使用しています。
卵:地元広島、向原の鮮度のいい卵です。
水:加計水谷(ミズタニ)のおいしい水です。

IMG_20160819_102101
たこ焼き、たい焼き、ソフトクリームに、夏期限定でかき氷も販売中。
かき氷シロップの種類の豊富さがすごいです。
ニトロ父のおごりで^^クリーム金時、パリパリソースのソフトクリーム
たこ焼き、たい焼き、かき氷をお買い上げ。
たこ焼きは、山陰浜田港から水揚げされた水ダコ入り。
ザク切りキャベツが入っているのも珍しく、歯ごたえがたまらず美味でした。
自分たちでたこ焼きを焼くときは、キャベツはみじん切りにするのですが
よしおのたこ焼きを真似して、次回はザク切りにしてみようかな。
IMG_20160819_103322
たい焼きも、皮とあんこのバランスがよくて美味しい~。
父曰く「よしおのたい焼き・たこ焼きを食べると、もう他では食べれない」らしい。
確かに!場所が場所だけに普段使いはできませんが、また訪れたいお店です。

『鯛焼屋よしお』でお腹を満たしたら、目的地である匹見峡へと向かいます。
匹見峡とは、島根県益田市匹見町に位置する渓谷です。
名前は聞いたことがあるものの、全員が初めて行く場所なので
予備知識はありません。
駐車場はどこかね~?などと話しながら、匹見川沿いの細い道を進んでいくと
道幅が広くなっており、停車できるスペースがありました。
川へと続く道もあったのでそこに車を停めて下りていくと・・
IMG_20160819_132942
眼前に広がった清涼感溢れる空間に、皆テンション上がりまくりです。
ちょうどよい木陰があったので持参したテントは使わずじまい。
川の水温が低かったら寒いかも・・と心配でしたが、そこまで冷たくなくて
遊びやすかったです。
ニトロ達の他には全然人がおらず、2時間ずっと貸切状態でした^^
小さな魚やおたまじゃくもたくさんいて、甥っ子はキャッチ&リリースに夢中。
IMG_20160819_132921
すごく豊かな環境で遊べて楽しかった匹見峡で、一点だけ困ったのが
あぶが多かったこと^^;
泳いでいる時には気になりませんでしたが、陸に上がると周囲をぶんぶん飛ぶので
うっとうしいことこの上ない。ニトロ父は何ヶ所か刺されていましたし・・。
川遊び後は近くの温泉施設でひとっ風呂浴びて、帰宅の途につきました。
夏の盛りが過ぎた時期だからか(とは言え、この日も加計の最高気温は37度越え)?
人が全くいなかったのは予想外でした。
今までは妹背の滝に行くことが多かったのですが、匹見峡も穴場ですね。

しかしお盆過ぎると、暑いのは暑いのですが質が違う暑さになりますね。
相変わらず気温は高いのだけど、陽射しが一段階柔らかくなるというか。
じりじり焼けるような暑さじゃなくて、時折風が吹いて肌寒い瞬間がある暑さ。
お盆やお彼岸など、季節の節目に合わせて気候が変化するたびに
「昔の人が考えた暦とは偉いものだなぁ」と感心してしまうニトロです。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


sponsored link