ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

祝!広島東洋カープ、日本シリーズ進出決定!!

time 2016/10/15

2016年10月15日。カープ対横浜のクライマックスシリーズ第四戦は
最後まで行方が分からない展開でしたが、どうにかカープが勝ち切って
日本シリーズへと駒を進めました。
もうね、初回に6点取った段階で「万が一にも今日負けたら日本シリーズ危ういな」
って雰囲気が出るじゃないですか。
6点もらって、守りきれないってどうなのかって。
しかし、援護が早すぎると(無意識であっても)微妙に気持ちが緩んでしまうのか?
普段は見ないようなエラーが出たり、ぽんぽんとヒットが続いたり・・
挙句の果てには、指骨折してる梶谷選手にホームランを打たれた時には
本当に下剋上あるかもな、と危機感に襲われていました。
2回、3回と失点した先発岡田くんですが、よく5回まで続投させましたね。
監督、コーチ陣から「やれよ、岡田!」と、強いメッセージが出ていました。
岡田くんが苦しみながらも5回4失点に抑えて、どうにか試合を作ったことで
カープ得意の継投が可能になりました。
もっと早い段階で岡田くんが降板していたら、その後の展開も難しくしていたはず。
また、初回の6点だけで終わらず、1点ずつでも追加点が入ったのが終盤大きく響きました。
初回得点のみだと、今永選手以降のピッチャーには完璧に抑え込まれたことになりますし
無得点が続くと、ますます相手を乗せてしまいます。
結局、最終スコアは8-7と1点差のゲームでしたし、どれだけ点差が開いていても
奪える時に追加点を奪っておくのが大事だと痛感したのではないでしょうか。
中継ぎ陣も、いっちーが簡単に2点取られ、今村くんもホームランで1点取られ。
しかし、今村くんはノーアウトでホームラン打たれて意気消沈しそうな場面で
後続を断って終わらせたのが大きかった。
1点差で踏ん張れたからこそ、8回のジャクソン、9回の中崎にバトンを繋げたわけですし。
もちろん無失点リレーが最善ではありますが、相手も必死で喰らいついてくるのですから
そうそう、理想通りの展開に持ち込めるものでもありません。
しかし、黒田さんで負けた第三戦も得点0じゃ流石に勝てませんよね。
黒田さんだって3失点に抑えているのだから、今日の岡田くんよりマシなのに
相手ピッチャーが良いと途端に打てなくなるのが、不安要素です。

最後まで勝負を諦めない横浜の粘り強さには、恐怖すら感じましたが
何とか逃げきれて良かったです。
カープの監督、選手にとって、CSに勝って日本シリーズに進出するのは
絶対に逃せない使命だったので、プレッシャーも大きかったでしょう。
もしかしたらリーグ優勝決定戦より痺れたかもしれません。
極論ですがCSで敗退して日シリ進出を逃したとなると、セ・リーグ優勝が
霞んでしまうほどのダメージを受けたはず。
決定試合後の会見で、選手たちが口々に「嬉しいというより、ホッとした」と
話していたのは、偽らざる本音だと思いました。

翻ってパ・リーグは、崖っぷちのソフトバンクが4戦目を取って戦績は2勝3敗に。
アドバンテージを考慮しなければ2勝2敗、全くの五分です。
日ハムが王手をかけてはいるものの、さすがに強豪ソフトバンク相手に
一筋縄ではいかない模様です。
カープ的には、できるだけここで両チーム消耗してもらうと有難いのですが^^;
だって、どっちが勝ってもめっちゃ強いじゃないですか、絶対。
絵面的には、大谷くんVS誠也の対決が見たいので、日ハム推しですけど。
誠也、CSは調子落としていましたけど、このまま終わるとは思っていないので
きっと日本シリーズで、今シーズン総決算の活躍を見せてくれる・・はず!
逆に、社会人出身で一発勝負の舞台にも慣れがあった田中選手の活躍は
素晴らしいの一言に尽きました。
田中選手の器用さ、上手さ、勝負強さはカープファンなら周知の事実ですが
それにしてもCSでの活躍っぷりは、誠也の「神ってる」を引き継いでいましたね^^
日本シリーズでは、誰がキーマンになるでしょうか。

横浜の梶谷選手は、小指骨折にも関わらず気迫あふれるプレーやホームラン。
試合後に横浜の選手から漏れ聞こえてくる談話にも、ちょっと泣けました。
三浦番長、本当にお疲れ様でした。ニトロが現役でカープを応援していた頃の
横浜を象徴する選手で、他チームながら好きな選手でした。
今永選手の「プロ野球生活が終わる日まで、今日のことを忘れない」発言なんて
ニトロが横浜ファンなら、グッときてしまいます。
こうして、タスキは脈々と受け継がれていくのだな。
田中選手の第一打席、最後のボールはニトロのような素人目線から見ても
完全にストライクじゃない??と思いました。あれを取ってもらえないと
投げるところがなくなりますよね・・。でも、これもプロの洗礼だと頭を切り替えて
今日の悔しさを糧に、成長していってほしいです。
筒香選手もCSでは音なしでしたが、来年以降が怖いですね。
カープだって、昨年リーグ四位に終わった悔しさを原動力にして今年の優勝に
突き進んだわけですから。同じことが他チームに起こらない道理はありません。

CSファーストステージ、巨人との戦いを制して勝ちあがってきた横浜ですが
大半の戦力をそこにつぎ込んでいましたし、体力、精神力ともに摩耗が激しかったはず。
対するカープは、ホーム開催の地の利を生かして休養十分で臨んでいます。
現行のCS制度は、優勝チームにとって一勝のアドバンテージの他にも有利な面が多く
下剋上が起こりにくいように上手いこと出来ています。
そういった意味では、日本シリーズは手加減なし、両リーグ覇者の力と力のぶつかり合いが
見れるわけで、やはりワクワク感が違いますね。
セ・リーグは一足先にカープが日本シリーズ進出を決めたので、気楽な気持ちで
パ・リーグの試合を観れるってものです。
あ、カープ特集の情熱大陸も忘れずチェックしなければ!
先日、広島市内の本通りで鈴木誠也選手がテレビ撮影していたとの目撃情報があったのですが
どうやら情熱大陸の撮影だったみたいです。
どんな内容になっているのか、楽しみだな。
これまた広島地区の視聴率が凄いことになりそうですね^^;

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link