ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

『つぼやきカレーキートン』と『ラーメン我馬』

time 2016/09/12

『つぼやきカレーキートン』と『ラーメン我馬』

『つぼやきカレー亀屯(キートン)』と、『ラーメン我馬(がば)』は
広島県人には馴染みのローカルチェーン店で、ニトロもよく利用しています。

キートンのカレーは、 黄色のターメリックライスと
特製の手鍋(つぼ)で提供されるルーが特徴です。
黄色いご飯と言えばサフランライスが思い浮かびますが、HPを見る限り
キートンのご飯はターメリックライスのようです。
両者の違いが分からなかったので検索してみました。
■サフランはクロッカスの仲間で、花のめしべが原料。収穫量が少なく高価。
■ターメリックはウコンの地下茎を乾燥させたもの。
風味づけの意味合いよりも、着色料として用いられることが多い。
ターメリックってウコンだったのですね・・初耳。
img_20160824_141541
輪っか型に盛り付けされたライスと、手鍋に入ったカレールー。
ご飯真ん中の空きスペースに、適宜ルーをかけていただきます。
ニトロは一度に全てかける派ですけども^^;
写真はナスとレンコンのカレー。その名の通り、大きめにカットされた
ナスとレンコンがルーの中にたっぷり入っています。

そして、ラーメンの我馬。
IMG_20160825_142003
東広島西条店。外観・内装ともに綺麗なお店です。
IMG_20160825_135515
レギュラーメニューの白うまにするつもりだったのですが
気になるメニューが。とまとラーメン・・だと?!
※現在は終売しています。
IMG_20160825_135802
これは食べてみなくては!と意を決して(大げさな・・)注文。
ラーメンが運ばれてきて「さぁ実食」と器に手を触れた瞬間、びっくりです。
つ、冷たい!!?・・ニトロ、熱いラーメンだと勘違いしてました。
メニューをよく見たら、確かに『冷製』の二文字が^^;
広島市内で熱いトマトラーメンを食べたことがあったので
同じ感じかな~と思い込んでいました。
予想外の冷製とまとラーメンでしたが、全体的な味のバランスはさすがで
満足できる一杯でした。
炙ったズッキーニとナスビも入っていて、ラーメンと言うよりも
冷製カッペリーニを食べている感覚だったかな。
我馬では、季節ごとに趣向を凝らした限定ラーメンを提供していますが
どの商品も片手間に作ったものには見えなくて
「我馬には、ちゃんとした料理人がいるんだろうなー」と、いつも感心します。
盛り付けも手が込んでいて、なんだかオシャレなんです。
つくづく美味しい料理を作るって、頭良くないとできませんよね。
料理でお金をもらうとなると、よりハードルは高くなりますし。
IMG_20160825_135604
妹2は、定番の白うま&明太ごはん。
のりとたくわんとたっぷりの明太子が、絶妙のハーモニーです。
炭水化物まつりですが、気にしない~~!

我馬は、今や日本国内に留まらず世界中に店舗を拡大している『一風堂』で
修業したオーナーが、広島で開業した会社です。
メニューだけではなく、ラーメン屋らしからぬオシャレな店舗デザインなどにも
一風堂との共通項を強く感じますね。
まだニトロ達が我馬しか知らなかった頃、初めて福岡の一風堂でラーメンを食べて
「これ、我馬と一緒じゃない?」と肩透かしをくらった思い出があります。
一風堂が元祖だと知ったのは、しばらく経ってから。
現在では広島にも一風堂が出店していますが、やはり広島県人に馴染みのある
博多風ラーメンと言えば、真っ先に我馬が思い浮かぶ人が多いのでは。
カープ優勝翌日の我馬では、赤うまラーメンの半額キャンペーンもあったらしいけど
・・人やばかっただろうな、これ。
優勝翌日は日曜日だったので、ただでさえ忙しいのに半額ラーメン目当ての人が
押し寄せるって。想像しただけで大変そうです^^;

カレーもラーメンも選択肢は多いですし、好みによってイチオシ店は違うでしょうけど
キートン・我馬ともに、いつでも安心して行ける美味しいお店として
ニトロ一家は重宝しています。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


編み物

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

LINEスタンプ

main
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


sponsored link