ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

バニラアイス色の帽子-3【冬の日の編みもの】

time 2015/12/27

バニラアイス色の帽子-3【冬の日の編みもの】

バニラアイス色の帽子-1【冬の日の編みもの】
バニラアイス色の帽子-2【冬の日の編みもの】
帽子のトップにつけるポンポンですが、これまでは段ボールを切り抜いて作った『自家製ポンポンメーカー』を使っていました。しかし、やはり上手に作るのが難しくて、甥っ子にあげた帽子のポンポンも「洗濯したら取れたよ~」と妹からSOS。※写真では妹が被っています。

毛糸の無駄も多いみたいですし、ここは腹を括って(?)既製品のポンポンメーカーを買うことにしました。

自分用ならそこまでクオリティは問いませんが、今回は人にあげるものなので、何度か洗っただけでポンポンが取れたりバラバラになる事態は避けないといけません。ポンポンメーカーの評判を調べてみると
◎簡単
◎出来上がりもきれい。
◎余り毛糸が少ない=毛糸の無駄が少ない
と、かなり実用性がありそうです。
今後ポンポンを作る機会がないのであれば、わざわざ買う必要はないかもしれません。しかし、手作り帽子の手軽さや暖かさを知った以上、今後既成のニット帽を買うことは多分ないでしょう。となると、今後もポンポンを作る可能性は大です。
あまり気乗りせず、今までお預けとなっていたのですが、満を持してポンポンメーカー購入と相成りました(大げさですみません)。

4種類の大きさのポンポンが作れるクロバー社の『スーパーポンポンメーカー』。
まずは、練習もかねて甥っ子の帽子のポンポンを作ります。そもそもの仕組みが頭に入っていないので、説明書きをよく読んで注意深く進めます。
巻き付けた毛糸を切り開く時にアーム部分が外れそうになって、あわやバラバラに!失敗した!!と焦りつつも、何とか完成。出来上がりの真ん丸っぷりと、毛糸の無駄の少なさにかなり感動しました、

練習も済ませて、次はいよいよバニラアイス色の帽子につけるポンポンを作ります。一番大きいサイズのメーカーに毛糸を巻きつけて・・出来上がったポンポンを帽子につけたら完成です。

本当は、こんなにばっきり2色に分かれたポンポンじゃなくて、両端薄グレーに紺が挟まれた感じで作りたかったのですが・・ちょっとイメージ通りにいきませんでした××
でも、出来上がりのポンポンは、真ん丸!そしてほとんど無駄毛糸が出ない!
なんか「こんな便利な道具があるんだな・・」と感動すらしました^^;
食わず嫌いじゃないけど「別に専用の道具を使う必要はないし~」と、今まで避けていたのがもったいないくらい。ポンポンを作るのに苦手意識がありましたが、これからは楽しくできそうです。

さて、一応この帽子は友人用なのですが、デザインが可愛くて編むのも楽しい模様だったので、色違いで自分用にも編みたいな~と考え中です。
今回作った帽子はシンプルで無難な配色なので、次はニンテンドー帽子を参考にしてカラフルにチャレンジしようかな?またドリームに毛糸を物色しに行かねば。
ニンテンドー帽子はオレンジが効いていて可愛いですが、ドリームオリジナルの毛糸には、あんなパキッとしたオレンジや黄色はないのですよね~。
今回の帽子の黄色はアクリル毛糸だったので、オレンジもアクリル毛糸で探してみればいいのかな。部分的に使うだけなので、多少素材が違っても問題ないかなと大雑把な考えです。
毛糸を眺めながら色合わせを考えるのは、すごく悩むのですが楽しい時間。
「小物くらい、カラフルでもいいじゃん!」と思いながら、いつも無難なところに落ち着いてしまうので、次はちょっとヘンテコでも滅多に使わない色を探してみたいですが・・結局、自分の好みからは離れられないんですよね。どうなるかな~。
バニラアイス色の帽子-4【冬の日の編みもの】へ続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link