ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

白い花のショール-2【冬の日の編みもの】

time 2016/03/21

白い花のショール-2【冬の日の編みもの】

白い花のショール-1【冬の日の編みもの】の続きです。

編み図の解読に苦戦しましたが、慣れてくると面白い縁編み^^

拡大したところ。本体の単純な編み図に比べると複雑ですよね。

まずは1玉編み終わりました。

ツノを数えてみると、ほぼ半分くらいまで編んでいました。二玉あれば、縁編みは完成しそうです。

四段の模様編みを繰り返していくので編み図を見る必要がなく、動画を観ながらでも手を動かせるのが良いところ☆縁編みだけだと単調なので、本体も同時進行にすることに。

314目の作り目から、まずはガーター編みを10段。「10段目まで増減なしで11段目で増やし目する」と勘違いしていたら、9段目まで増減なし→10段目で増やし目でした××ここから、模様編みが始まります~^^

本体も、一玉編み終わりました。
すずらんのショールも同様ですが、最初の目数が多いので一段編むのに時間がかかります××単純な編み図なので単調になりがちですが、はっきりと花模様が出てくると楽しそうです。
すずらんショール用に準備していたソノモノ毛糸合太6玉では不足するだろうから、追加毛糸は近所の手芸店で買おうかな^^

まずは縁編みを完成させるべく、ひたすら編んで編んで・・2玉弱で編みあがりました。

長~い縁編み、これだけでも「できたー」と一息つく感じでした^^
あとは本体を編んでいくのみです!本体は簡単な編み方でお花模様を作っていくので、さくさく編めて楽しいです。

本体を2玉分編み終わったところ。39段までいきました。
ソノモノ毛糸は、肌触りも良くて本当に編みやすいです。気持ちよくて使いやすそうなショールになりそう!と期待が膨らみます^^♪すずらんショールみたいに複雑な模様編みではないので、一気に編めそうな白い花のショールですが、最後に縁編みのすくいとじが待ち構えていますので^^;気を抜かずに、進めていきます。
白い花のショール-3【冬の日の編みもの】に続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


sponsored link