ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

白いガンジーセーター 2-5【編みもの修学旅行】

time 2017/03/07

白いガンジーセーター 2-1【編みもの修学旅行】
白いガンジーセーター 2-2【編みもの修学旅行】
白いガンジーセーター 2-3【編みもの修学旅行】
白いガンジーセーター 2-4【編みもの修学旅行】
身頃を編み終わった段階で「果たして毛糸が足りるだろうか?」と心配でしたが、何とか大丈夫でした!もし足りなかったら、途中から一枚目のガンジーセーターの残り毛糸で編む羽目になるところでした^^;それはそれで、デザインとして斬新で面白いかもと想像しつつ、このガンジーセーターに関してはシンプルに一色のセーターが素敵でしょうからね。

襟を編んだら、編みパートは完成です。残すは糸始末と水通し。
毛糸玉だと必然的に糸始末の量が多くなりますが、コーン巻き毛糸なので糸始末が少なくて楽でした。表の編み地に響かないように注意しながら、糸始末を進めていきます。

糸始末を終えて、あとは水通しを待つばかりの7号ガンジーセーター。

こちらは、前回6号で編んだセーターです。今回7号で編んだセーターの方が少し身頃丈が長いかな?見た目でハッキリ分かるほどの違いはありませんね。水通し前の7号セーターを着てみると、6号同様にピチピチでした。
水通し後のガンジーセーター。サイズが一回り大きくなって、編み目が綺麗に揃いました。水通しのおかげで、余裕ができて着やすくなりました。
とは言え『編みものともだち』掲載のガンジーセーターほどユッタリ感はなく、わりと身体のラインを拾います。一枚目に編んだ薄グレーのガンジーセーターを友達にプレゼントした時も、友達が試着しながら「お腹へこまして着なきゃー^^;」と冗談交じりに言ってたのですが、そうなのですよ。決して友達が太っているわけではないのに、何となくお腹回りがもたついて見えるのです。
友達よりたくましい体型のニトロが着るのだから・・とワンサイズあげた今回のガンジーセーターですが、やはり気を抜くとお腹周りのぽっこり感がもろに響きます。
細めジーンズ+ガンジーセーターでサラリと着こなす理想とはほど遠かったなぁ。仮に10年前のニトロだったら、多少はマシな着こなしができたかもしれません・・。あくまでニトロの体型の問題だと思うので、そろそろ暖かくなってきたしジョギング始めようかしら。
もし、セーターの中で身体が泳ぐほど余裕のある着こなしがしたい、ぽっこりお腹を隠したい?!のであれば、白いガンジーセーターより『編みものともだち』掲載のガンジーセーターの方が目的に合うかもしれません。

逆に、白いガンジーセーターはジャストサイズの着こなしに適しているので、ニトロにとってはトレーナー代わりになりそう。分厚い上着を着るほどではないけど、綿のトレーナー1枚では肌寒い・・くらいの時季に、このガンジーセーターを着ると良さそうです。
真冬の防寒を兼ねるなら、毛糸が太くて編み地も厚めの『編みものともだち』ガンジーセーターがおすすめですが、これから段々と春に向かっていく季節においては、白いガンジーセーターの出番が増えそうです。毛糸が細いので編み地も薄めですしね。
ただ、セーター下に着込むと着膨れ不可避なので、せいぜいヒートテックのような薄めカットソーを着るに止めるが吉でしょう。

落ち着いた濃いグレー色のセーターなので、シーンを問わずに着れそうなのは良かったかな。
編んでいる最中は「もっと派手色、編んでてテンション上がる毛糸が良かったかなー」と思いましたが、実生活ではモノトーン系が馴染みやすいですからね。その代わりに、小物を差し色に使って季節感やきちんと感を演出するのも楽しそう。
せっかく編んだのだし、アイテムとしては気に入っているので、今後も末永く愛用していきたいです。そのためには、やはり少し身体を絞る必要が・・^^;

白いガンジーセーター2着目のエントリは、今回で終了です。
今季は、ニトロの念願だった甥っ子セーターを編みたかったのですが、手をつけないうちに春が近づいてきました。毛糸は在庫糸を使う予定なので、準備はニトロの心一つなのですが、何となく手つかずのまま編み物のハイシーズンが終わってしまいました。
別に春夏に秋冬毛糸を編むのがダメなわけでもないし、来季に向けてボチボチ着手しようかな^^

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


編み物

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

LINEスタンプ

main
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  


sponsored link