ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

syrup16g COPY発売16周年記念ツアー『十六夜 <IZAYOI>』@福岡DRUM Be-1 2017.10.8

time 2017/10/08

syrup16g COPY発売16周年記念ツアー『十六夜 <IZAYOI>』@福岡DRUM Be-1 2017.10.8

いよいよ始まりました、syrup16gのCOPY発売16周年記念ツアー『十六夜』。タイトルが長いです^^;
初日東京の次にいきなり福岡まで飛ぶ、少し変則的な日程。福岡でのsyrupライブは、患者ツアーのももちパレス以来ですね。
syrup16gツアー『Kranke』@福岡ももちパレス-1
syrup16gツアー『Kranke』@福岡ももちパレス-2
あの時はホールでしたが、今回は狭いライブハウスなので、これまた楽しみ。
いつものごとくネタバレありますので、行ってからのお楽しみにしたい方は、そっとページを閉じてくださいませ^^

COPY発売16周年記念ツアーなので、もちろんCOPYの曲を多く演奏するだろうとは予想していましたが、まさかの全曲!演ってくれました。流石というか、ブレません。COPYはどれも名曲で大好きなのですが、車で聴いたりランニング中に何度も繰り返しリピートしてしまう曲は、土曜日です。イントロからアウトロまで一瞬たりとも無駄がない構成で、音が鳴っている間中、ずっと「好きだー!!」と感動しながら聞く曲なのです。もしかしたら、syrupの曲で一番再生回数が多いかもしれません。
『いつかライブで聴きたい曲ランキング第一位』でもあった土曜日ですが、今まで聞いたことはありませんでした。解散ライブがあった2008年3月1日が土曜日だったので、せめて最後に聞きたい!と期待したものの、想いは届かず・・。そのまま、二度と聞くことはできないと思っていた曲。
それが!!今回は何といっても『COPYツアー』ですから、高確率で土曜日をやるはず!と期待は高まりまくっていました。

福岡までは、車での日帰り旅でした。
妹1に運転してもらって長ーい山口県を抜けて、16時過ぎに福岡のライブ会場付近の駐車場に到着しました。妹1は、ライブが始まるまでの短時間で、近くの神社へと行ってしまったので、ニトロは一人で物販を見に行きました。販売開始時間までには、結構な行列ができていたのでびっくり。
十六夜ツアーの各会場限定商品として、その日のライブの数(○夜、○に数字が入る)が書かれたTシャツが販売されているのですね!基本的にグッズ類は買わないので、事前にHPチェックもしておらず、会場で見て「そんなのあるんだー!」と知った次第。

最初はスルーしていましたが、その土地でしか買えないこと、そしてライブ最後に五十嵐さんが着ていたので、すっかり欲しくなってしまって、終演後に買いに行ったのですが、あえなく売り切れてました。ないと分かると余計に欲しくなりましたが、今回はリサーチ不足だったので諦めて、広島の三夜Tシャツを買おうと心に誓いました。


肝心のライブは、最初から最後まで最高の一言でした。観客の盛り上がりが終始アットホームな雰囲気で、五十嵐さんもつられてよく喋るから、こちらもニコニコしちゃう感じの、いい意味で緩さのある良きライブ。
曲間で、ちょこちょこ観客から声かけがあったのですが
客「なかはたー」
客「だいきー」
客「きただー」
客「まきー」
客「いがらしー」
客「たかしー」
客「しろっぷー」
客「じゅうろくぐらむー!!」
と、図ったかのようなかけ声の応酬も。思わずニトロも「じゅうろくぐらむー!!」と叫んでしまいました。
これを聞いた五十嵐さんが
「そーゆーの、もっと前から欲しかった・・10年くらい、全然なかったから・・」と答えてたのがツボでした。解散前は、ステージと観客が断絶してる感覚だったのかもしれませんが、今の五十嵐さんは苦手なりにコミュニケーションを取ろうとしてくれているし、観客側もわきまえつつ楽しんでる雰囲気ですよね。
五十嵐さん、三曲目が終わったあたりで「福岡、楽しみにしてきたんで、みんなも楽しんでください・・暗いのやるけど 笑」て言ってました。あと、新しいアルバムについては「新しいアルバムが出ます・・寄せ集めですけど、良い寄せ集めができたので」とも。うん、本当に良い寄せ集めですよ!
落堕が相変わらずグダグダで、でも「頑張れー!」的な拍手があったりして、ダブルアンコで登場した時に「ごめんなー、でも皆さんが温かいから」と五十嵐さんが話してて、なんだか今日の五十嵐さん、めっちゃ喋ってました。

前ツアーに引き続き、My Love’s soldが聞けたし、サイケデリック後遺症ではマキリンがコーラスしてたし、she was beautifulも大好きだし。本編最後には、待望の土曜日が聞けただけでも大満足でした。
物販を見に行った時間帯にも、まだリハーサルの音が漏れ聞こえてきて、その時に土曜日の演奏が聞こえてきた瞬間は、それだけでもう胸が一杯になったほどでした。

「ライブを楽しみにしてました」なんて、あの五十嵐さんが、多少のリップサービスがあるにしても、そんな心持ちでツアーを回ってくれているなんて、本当に嬉しすぎて有難すぎてどうしようかと、なんだか心がワタワタしました。
チケット番号が200番台半ばだったので、前方には行けそうになかったけど、端っこでも見えやすければいいと考えていたら、マキリン側の少し段差がある場所を確保できました。ちょうど、柱もあって見えやすい位置の手前に陣取ろうかとしたら、元からいた男の子が、より見えやすい場所を譲ってくれました。福岡男子の優しさに感動しました(福岡男子だったかどうかはさておき)。おかげで、絶好の場所でライブを楽しめました。若い女子でもないのに親切にしてくれて有難うと、この場を借りて御礼を言いたいです。

ライブは、とにかくセトリが豪華すぎて、そもそもCOPYの曲は全て演るわけですから豪華なのも当然だけど、いやー、本当に最初から最後まで最高でした(二回目)。
二夜Tシャツを買い損ねたのは残念でしたが、すっかり大満足のニトロ姉妹は、そのまま近くのスーパー銭湯でひとっ風呂浴びて帰りました。
次は待望の広島公演です!たかまる!!
syrup16g COPY発売16周年記念ツアー『十六夜 <IZAYOI>』@広島クラブクアトロ 2017.10.10

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

お菓子工房

LINEスタンプ

main
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


sponsored link