ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

オーボン・ヴュータンレシピのガトーショコラ

time 2020/08/26

オーボン・ヴュータンレシピのガトーショコラ

今日は甥っ子の誕生日でした!
こないだ生まれたばかりだと思ってたけど、もう9歳なんて。。時が経つのは早すぎるなぁー。学校の入学や卒業など、分かりやすい区切りがあるからか、余計に子供の成長を実感します。大人になったら大きなイベントって特にないので、ただ淡々と歳を重ねるのみですからね。

誕生日ケーキは、甥っ子の強いリクエストでガトーショコラを作りました。
誕生日の前から、本人に「ニトちゃん、俺の誕生日ケーキはガトーショコラ作ってね!」と頼まれてたので、そのつもりでいたのですが、妹1(甥っ子の母)は「ガトーショコラじゃなくてチョコシフォンでも良いでしょー」と。
どっちもチョコのケーキには変わりないからと言われて「あ、そうなの?それならシフォンでいいかねー」と話してたのですが、誕生日の話になった時に、再度甥っ子に「ガトーショコラ作ってね!」と念押しされました。
チョコシフォンでもいいよねー?と言うお母さんに向かって「俺は濃い方が好きじゃけ、ガトーショコラが良い」と、きっぱり。

ニトロ的に、ガトーショコラはチョコが濃くて重いアイテムなのだけど、子どもは好きなのかな。5歳の甥っ子も、しっかり一個食べた上で「もう一個食べたーい」って言ってたし。さすが胃が若いな!と変なところで感心しました。

15㎝の丸型の誕生日ケーキと、12㎝のアルミ型を四個焼きました。
肝心の誕生日ケーキは写真撮ってないですが、皆で美味しく食べてくれて良かったです。
15cm丸型のガトーショコラは、型に対して生地の量が多かったのか、オーブンの中でシフォンケーキみたいに膨らんでました。12㎝アルミ型が五個あれば分量の配分がちょうど良かったのだけど、四個しかなかったのでギリギリまで生地を入れたのが原因ですね。中心部まで火が通ってるか心配だったけど、少し長めに焼いたので問題なしでした。

今回のガトーショコラは、オーボンレシピで作りました。オーボンレシピと、製菓通信で習ったレシピがあるのですが、オーボンレシピの方が生クリームを多めに配合していてリッチな生地かな、といった印象。でも、学校のレシピも十分美味しいレシピですよ。

本に掲載されているオーボンレシピは15㎝型二個分の配合で、ニトロは分量の1.5倍量の生地を作ったので、生地量に対してボウルの大きさが小さくて混ぜにくかったです。半端に生クリーム余らせたくなかったので欲張ってしまった。
大きめボウルも欲しいし、道具類は色々と揃える必要があるだろうから、時間取ってじっくり合羽橋を散策したいなぁー。
次に東京に行けるのはいつになるやら・・ですが。年に数回は東京行くのが普通だったのに、2020年は前半に三回しか行けてないし、もう年内は難しいかなと諦めてます。東京どころか、神戸のIKEAも計画倒れが続いて行けてないまま・・。せめてIKEAは、多少コロナが落ち着いたら行きたいです。

別の日に作ったシャインマスカットとヨーグルトクリームのシフォンサンド。
いつものブルガリアヨーグルトを使わなかったからか、ヨーグルト感が弱めだったのが残念ポイントでしたが、旬のシャインマスカットは流石の美味しさでした。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  


sponsored link