ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

通算三枚目!最多登場のフェアアイルヨークのセーター

time 2021/11/14

通算三枚目!最多登場のフェアアイルヨークのセーター

ご無沙汰しております。
ブログを書きたいなーと思って投稿ページは開くものの、最後まで書きあげる気力がなくて、途中で放置する。。の繰り返しでした^^;

まだまだ油断大敵ではありますが、コロナもだいぶ落ち着いてきたので、通信学校で知り合った友人のお店に行くため九州旅行したり、広島PARCOで開催中のコウペンちゃん展に行ったりと、少しずつ行動範囲を広げています。
それぞれ記録に残しておきたいので、ブログ書きたい熱があるうちに形にするぞ。

さて、表題について、です。
何しろ、今年はお菓子工房の仕事があるから(まだ何もしていませんが)編み物に割く時間はない!せいぜい、年末年始のお休みで靴下を編むくらいだなと考えていたのですが、甘かった。
妹1には、これまでにも数枚のセーターを編んでいるのですが、今年もリクエストされまして。
オーダー内容は「丈が短いセーター」。
今季流行りの形なのでしょうか、妹1はワンピースと合わせて着たいらしい。
ニトロは、流行り云々関係なく、トップスの丈が短いのは全く好みじゃないので「そんな、おへそが見えそうなセーター、どうやって着こなすつもり・・?」と頭に?マークが浮かんでいましたが、とりあえず手持ちのニット本を見てもらいました(ほぼ三國さん本)。
本に掲載されているセーターなら、丈を少し短めに調整すれば編めるはずだから、と伝えて、妹1が選んだのは・・
編みものワードローブのフェアアイルヨークのセーターでした!

ニトロ、今までにこのセーター二枚編んでるのですよ。
フェアアイルヨークのセーター-1【編みものワードローブ】
フェアアイルヨークのセーター-2【編みものワードローブ】
フェアアイルヨークのセーター-3【編みものワードローブ】

三年前に編んだ一枚目のセーターと
黒フェアアイルヨークのセーター【編みものワードローブ】

今年の初めに編んだ二枚目のセーター。

また?まさかのフェアアイル三枚目?と思わなくもなかったけど、逆に言えば、これまでの経験から流れは把握しているので、難しくはありません。まあ、妹1が欲しいと言うのなら良いか。
具体的には、裾のゴム編み部分がなくなったくらいの短さにして欲しいとのこと。
てことは、身頃を8㎝ほど詰めれば良いのね、と想像しつつキャストオン。

フェアアイルヨークのセーター、一枚目は紺、二枚目は黒で編みましたが、やっぱり地色は紺色がカワイイなと思ったので、今回は指定通りの紺色にしました。

黒色ベースのフェアアイルもきりっとしてカッコいいですけどね。この色合わせには紺色が合う気がします。
そんなわけで、パピーシェットランドの紺色8玉、サンド1玉を追加しました。残りは手持ちの毛糸で。
計算では紺色は8玉あれば余裕だったのですが、ニトロの勘違い?計算の甘さが出て後々めんどくさいことになります。


編み図では、前後身頃はそれぞれ平編みですが、このセーターに関しては、ニトロはいつも輪編みです。
ゴム編み部分は7号、身頃、袖は10号、襟は8号で編みました。作り目は8号で。

袖は平編みです。輪編みしたかったけど、四本針でキレイに編む技術がないし、10号のミニ輪針も持っていないので。
で、身頃と袖を合わせる段階で、気付いてしまった事実。
「・・丈、長くない?」
編み図が74段のところを64段に、10段減らして調整したつもりでしたが、裾のゴム編み部分なしの短さにするなら、身頃を20段は削っても良かったのですよ、よく考えたら。よく考えなくても分かりそうなものですけどね。
「短くし過ぎたら着れないしなー」という、ニトロの保守的な気持ちが勝って、10段しか減らさないという愚策を取ったばかりに・・。
実際には4㎝ほどは短くなってるのだけど、その倍の8㎝短くしようとしてるのだから、やっぱり20段減らさなきゃ、だったのです。
しかも、計算上では足りるはずだった紺色毛糸も、なんだか残り少なくて心許ない状態です。

ここで潔くやり直せば良かったのですが・・
「でも、気のせいかもしれないし、とりあえず袖と身頃合わせちゃったし、毛糸もギリ足りるかもしれないし」と、禁断の『かもしれない運転』で、ほぼ模様編みの最後あたりまで編んでしまいました。

ヨークの模様編みが数段で終わり・・となった段階まで編み終わりましたが。

やっぱり、既定の寸法と比べても、ほとんど違いが分からない気がする。。
そして、やっぱり紺色毛糸は足りそうにない。でも、9玉目を買ったとしても、襟部分で少し使うだけで、ほぼ余らせてしまう。。
上の写真を妹1に送って「短くしたつもりだったけど、これじゃあんまり変わらんよね?!」と意見を聞きつつ、ニトロの心の中では、身頃を短く編み直すことを決めていました。
妹1は「そのままでも可愛いし着れるよ~」と言ってくれましたが、時間と手間とお金をかけて編むのだから、ちゃんとリクエストに沿った仕上がりにしたい。ここまで、見て見ぬふりをして編み進めてしまったけど、身頃を短くすれば毛糸が余るから、新たに毛糸を買う必要もないし!

てわけで、ヨーク部分を全解き、身頃も、64段から51段にして、再度編み編み。
身頃の長さは、20段減らして54段にするか、ゴム編み分24段減らしてすっぱり50段にするかで迷いました。
最初は55段にしてみたのですが、それでも、なんか長い気がして。。で、50段・・悪あがきで51段になりました^^;
すごく優柔不断さが出てしまったけど、さすがに20段以上減らすと見た目も明らかに変化がありました。
これで、また袖と身頃を繋げて輪に編んでいきます。

段数を間違えずに編んでいたら、なんてこともなく完成したはずですが。
キャストオンから10日ほどで仕上がりました。

丈が短いうえに袖まで短いと、サイズ間違えた人みたいになるので、袖は編み図より長めに。
三國さんの編み図のままだと袖がつんつるてんに短くなるパターンが多いので、長めに編むのがデフォではありますが、前回11段より2段増やして13段にしました。
これで、ただ小さいセーター着てる人、ではなく、おしゃれで着てるように見えるでしょう、たぶん。

妹1には、11月末までに編んでくれたら良いよ~と言われてましたが、ニトロは編み物を始めると他の一切が手につかなくなって、自分でバランスが取れなくなるので、一か月かけてゆっくり編むぞ~ってのは無理なのですね。
一日一時間とか決めて、その時間を楽しむ編み物をしたい気持ちはあれど、もう、休みの日なんて、朝から夜中まで、半日以上編み針持ちっぱなしになりますから。それは、気ままな暮らしだからこそできる贅沢さではありますが、歯止めが効かない点では良し悪しでもあるなと。
そんなわけで、セーター編み楽しいーと言うより、さっさと編んで渡したい!って気持ちでした。
編んでる時間は、ひたすら手を動かして編地が出来ていくのが楽しいし、編み物はおばあさんになっても続けたいですが、自分のバランスの悪さを考えると、仕事があるうちは、がっつり取り組む系は難しいかもなーとも思います。仕事ホッポリ投げて編み物しそうで怖いので。

何となく寂しい気もしますが、一つのアイテムを編むのに時間をかけ過ぎるのは無理だし(性格的に、すぐ仕上げたくなるし、時間が経つと編み図が頭から抜けてしまうのも効率が悪い気がする)かと言って、大物に取り掛かると、どうしてもそればかりになって、やらなきゃいけないことを後回しにしてしまうので。
最初に書きましたが、一冬に一組の靴下を編むくらいが、今のニトロにはちょうど良さそう。
いわゆる定年は、個人事業主にはなさそうですが、年を取って、仕事も辞めて、時間を持て余すようになったら、また人からのリクエストに応じてセーターを編んでいく・・ってのが、ニトロのささやかな夢?ですかね。
もし、老人ホームに入ると仮定したら、家族、身内に限らず、そこで働く人とか、知り合った人に「これが欲しい」っていう要望をもらって、編んであげるのです。
編み物を始めた時からの青写真ですが、何となく、そうできるものだと思ってます^^

話がそれましたが、今季のセーターはこれでおしまいの予定です。
また、誰かに「編んでー」と言われたら編むかもしれませんが、とりあえず自分が着たいセーターは、これまでに数枚編んでいますし。それらがくたびれたら、また編めば良いかなー。
それよりも、今はやらなきゃならないことがありますしね。
ぼちぼち、やっていきます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

お菓子工房

LINEスタンプ

main
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link