ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

白いガンジーセーター 2-1【編みもの修学旅行】

time 2017/03/03

2016年11月に完成した白、もとい薄グレーのガンジーセーターは、無事友達の手に渡りました。
イギリスへの毛糸注文から完成までのエントリはこちら→白いガンジーセーター

当初計画では、薄グレーのMoonlightと濃グレーのCinder、二色のガンジーセーターを編んで持って行って、どちらか好きなセーターを選んでもらうつもりでした。しかし、先に編んだ薄グレーのセーターが完成した時点でニトロは満足してしまって「もう渡しちゃえ~」と勢いであげちゃったのです。
事前に何も伝えてなかったので、ある種のサプライズプレゼントだったのですが、喜んでくれたので良かった(^^)ニトロと背格好が似ているのでサイズは問題ないはずとの見立てでしたが、そもそも好みじゃなかったら着てもらえません。
相手にとって不要なものをあげるのはニトロの自己満足に過ぎませんし、ましてや手作り品ともなると更に扱いに困ってしまいます。
ですから「こんなの編んだけどどうかしら?着てもらえたら嬉しいし、趣味じゃなければ持って帰るからねー^^」ってスタンスで臨みました。
しかし、流石の三國さんデザイン。すごく好評で返品されることなく、ちゃんとお嫁に行きました。 良かった良かった。

一度は編んでみたかったフランジパーニの毛糸でガンジーセーターが編めたので、次はいよいよMiknitsの茶色カーディガンに取り掛かろうとも思ったのですが、白いガンジーセーターの編み図が頭に残っているうちに、自分用のセーターも編んでしまおう!作戦に切り替えました。

まず取り掛かったのは、前作のサイズ確認のために5号編み針で少しだけ編んだCinderの毛糸を解くところから^^;チャネルアイランドの作り目は前回同様、動画サイトにお世話になりました。
img_20161119_044844
まずは、前後身頃のガーター編みから輪編みにするところまで。
前作からの変更は、編み針サイズを6号から1サイズ上げて7号にした点です。
6号で編んだガンジーセーターは編みあがりこそ小さく感じましたが、水通し後はほぼ本の参考サイズ通りに仕上がりました。友達の着用姿を見てもちょうど良いサイズだったので、6号で編んでも問題ありません。
ただ、ニトロの好みの問題で、もう少しゆとりが欲しかったので7号編み針に変更しました。本の指定針は4号なので、比較すると+3号の変更です。ニトロとは逆に、針サイズを落として編む人もいるわけですから、手編みの力加減というのは本当に千差万別なのですね。

さて、裾のガーター編みから輪編みゾーンに突入したら、あとはひたすらメリヤス編みです。


余談ですが、三國さん作品を編んでいる人たちのインスタを眺めていると、今季は白いガンジーセーターを編んでいる人が多い印象です。本の作品と同じ白い毛糸で編んでいたり、赤や紺色で編んでいる方も。どのセーターも個性豊かで素敵なものばかり。ニトロは二色とも地味色毛糸を選びましたが、やはり明るい色の毛糸も良いですね。
一度編んでいるので手順は分かっていますが、針サイズを上げたので毛糸が足りるかどうかだけが心配です。無事完成まで辿り着けますように。
白いガンジーセーター 2-2【編みもの修学旅行】に続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link