ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

初レシピのピーナッツバタークッキー&ウィークエンド6回目

time 2018/05/15

初レシピのピーナッツバタークッキー&ウィークエンド6回目

なかしましほさんのレシピ本『まいにちおやつ』から、ピーナッツバタークッキーを作りました。
なかしまさんのピーナッツバタークッキーは、いくつかのバージョンがあります。

今回は『まいにちおやつ』に掲載されていた、オートミール入りのレシピに初挑戦しました。

まいにち食べたい~シリーズのクッキー本に載っているピーナッツバタークッキーは、チョコ入りです。
ニトロがよく作るのは、NHKの番組で紹介されたスマイルクッキーです。
『なかしましほのおやつですよ♪スマイルクッキー♪』~きょうの料理 
ピーナッツバターを扱ったなかしまさんレシピの中では、きょうの料理バージョンが一番簡単だと思います。材料は薄力粉・ピーナッツバター・太白ごま油・メープルシロップだけですし、生地を寝かせる時間も不要ですからね。
ただ、今回はグラノーラを作った時に買ったオートミールが残ってたので、まいにちおやつバージョンのピーナッツバタークッキーを作りました。いつもの型抜きクッキーとは違って、生地を小さじで適当な大きさに取り分けて、手のひらで押して成型するタイプだから、大きさを揃えて均一な厚みにするのが難しい。ぶっちゃけ、型抜きクッキーの方が作りやすいので好きです。ドロップタイプのクッキーも難しいし、絞り袋で成型するタイプのクッキーも作ったことありません。アイスボックスクッキーも。ひたすら型抜き一辺倒です・・。

出来上がりはザクザク食感で、ザ・ピーナッツバタークッキー!でした。一枚だけでも、わりとお腹が満たされます。二~三枚食べたら、ご飯代わりになるくらい。甘さ控えめなので、チョコを混ぜてピーナッツチョコクッキーにしても良さそう。12枚できましたが、二日間かけてほぼ一人で完食してしまいました^^;カロリー高いだろうに・・。

クッキーの他にも、妹2からレモンを譲ってもらったので、久しぶりにウィークエンドを作りました。
材料がなかったのでバターと玉子は買ったのですが、グラニュー糖を買い忘れてしまいました。家にあると思って確認せずに作り始めてから、グラニュー糖が切れてることに気付き・・。夜遅い時間だったので買いに出るのも億劫で、上白糖を代用しました。

ウィークエンドは、できるだけレモン風味を際立たせたいので、レシピではレモン皮二分の一個のところ、丸一個分入れます。生地が緩くなり過ぎるのを防ぐため、果汁はレシピ通り(二分の一個分)です。残り二分の一の果汁は、グラス・ア・ロに使います。レシピでは水で溶いていますが、ニトロはレモン果汁で溶いています。グラス・ア・ロはレシピの分量通りだと多いので、半分の量で仕込みます。
型に生地がくっつかないように厚めに溶かしバターを塗って、生地を入れます。予熱は180度、焼成は160度で50分です。

焼成後、いつもはすぐに型から出しますが、今回は少しだけ置いてから型からはずしました。その方が、きれいにはずれるかと考えて。。

型からはスムーズに取り外せたけど、表面の生地が型にひっついたまま剥がれてしまうのは変わらず。なかなか、綺麗にはずせません。完全に運ゲーになってますよ。澄ましバターを塗るのに加えて薄力粉をまぶしたり、そもそもオーブンシートを使えば解決するのかもしれないけど、レシピ通りの方法で上手く出来るまでチャレンジしたいのですよね。

アプリコットジャムは、いつもは150gのジャム一瓶をまるまる使うのですが、今回はアヲハタのジャムデッキで購入した250gジャムを半分使いました。125gきっちり軽量して。塗る時に少し冷めていた影響もあってギリギリの量でしたが、足りなくはなかったです。
グラス・ア・ロは、別容器で粉糖とレモン果汁を混ぜ合わせてから鍋に移して温めたら、何となく濃かったので水を足し・・すると今度は緩くなったので粉糖を足し・・と、適当に調整していたら、以前失敗したのと同じく乾燥しても固まらず。。今回はやり直さずにそのまま仕上げたので、外見が全然イケてないウィークエンドができました。最初の段階では1g単位で軽量して作ってるのに、追加で水や粉糖を目分量で足してたら意味ないですよね^^;反省しかありません。

なかなか安定しないグラス・ア・ロ。実は一番難しいかもしれません。

前回よりはマシだけど、どうしても生地の一部に焼け残りのような部分があるのも気にくわないし。
カトルカールを作った時も同じなのだけど、これぞ!ってお菓子が作れなかった場合、すぐに次を作って失敗を検証したくなるのですよね。その点で言うと、シフォンケーキはシンプルな材料で行程も簡単なので、サイクルが早くてPDCAを回すのに適したお菓子でした。逆に、パウンドケーキ類はバターを大量に使うのでコスパは良くないし、頻繁に食べると重くて飽きそうなので気軽に作れないのが難点です。

グラニュー糖を上白糖に置き換えた部分に関しては、しっとりするか、さっくり焼き上がるかの違いはあるみたいですが、めちゃめちゃ味に影響があるとは感じなかったです。でも、基本的にはシェフが試行錯誤して完成させたレシピで作るのがベストなので、次回はグラニュー糖で作りたいです。
※二日後に食べると、より生地のしっとり感が強かったです。砂糖の影響だけとは限りませんが、生地の水分量が多くて常温保存だと日持ちが心配だったので、早めに完食しましたよ。
でも、やはり仕上げの丁寧さは大事だと痛感しました。特に、グラス・ア・ロは一口目のインパクトに直結しますからね。次は美しくて美味しいウィークエンドを作りたいです!カトルカールやフィナンシェなど、リベンジお菓子が溜まっていきます^^;

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link