ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2017夏18きっぷ旅行】大阪ラヴィルリエのケーキ

time 2017/08/13

【2017夏18きっぷ旅行】大阪ラヴィルリエのケーキ

2017年のお盆休みは、青春18きっぷでのんびり旅行してきました。
18きっぷ旅行は2011年の夏以来なので、かなり久しぶりです。
大まかなスケジュールは下記の通りでした。
まずは大阪まで行って一泊してから、翌日名古屋へ移動。旅の大目的である豊田市美術館での奈良美智展を見て、そのまま名古屋に一泊。三日目は名古屋から神戸へ移動して一泊、四日目に神戸から広島へと戻る旅程です。

初日は、早起きして昼前には大阪に到着する予定でしたが、前日の夜更かしがたたって朝起きれず・・結局、電車に乗ったのは9時半でした。乗り換えは待ち時間も少なくて快適でしたが、大阪に到着したのは15時過ぎ。半日は遊べると考えていたのに、初っぱなから計画倒れとなりました。とはいえ、一日で名古屋まで移動するのは疲れるから大阪を挟んだだけで、大阪ではパティスリーに行く予定しかなかったので、特に問題はないのですけども。
向かったのは、初ラヴィルリエです。

こじんまりとしたファサード。店内は奥へ細長い造りで、入口近くにはテーブルが二席ありました。席が空いていればイートインするつもりでしたが、先客がいたので持ち帰りにしました。夏季限定なのか通年なのか不明ですが、美味しそうなジェラートが気になりました。今回は食べなかったので、次回以降チャレンジしたいです。

手前左:ラヴィルリエといえば、このケーキが一番有名どころではないでしょうか?ピスタチオのケーキ『ピエール・タンタシオン(税込550円)』は、特徴的なフォルムが目を引く商品です。ニトロも食べたかったので、買えて嬉しかった!店に到着したのが16時前で、パティスリー訪問にしては遅い時間だったので、ほとんどケーキは残ってないだろうなと覚悟していましたし、実際にショーケースは寂しくなっていたのですが、かろうじて残っていました。
出来上がりから間もなかったのか、店員さんから「製造工程上、部分的に冷凍状態が残っているので、食べられるのは○時以降です」と説明がありました。
手前右:ブルーベリーのタルト『タルト・ミルティーユ(税込530円)』は、普通ならカスタードクリームの部分が、ブルーベリー入りのカスタードクリーム?だったのでしょうか、紫色のクリームでした。ショコラマカロン(税込220円)も一つ買いました。

店内でのイートインを断念したので、生ケーキ類は近くの公園で食べることにしました。
まず、ブルーベリーのタルトから。単なるカスタードクリームじゃなくて、ブルーベリークリームってところが凝っています。全体的に薄味なのか、やや味の輪郭がぼやけた印象で「ブルーベリー食べてる!」ってパンチは、あまりなかったです。ブルーベリーの味を探しながら食べているうちに、いつの間にか食べ終わっちゃった??みたいな不完全燃焼感がありました。

時間制限を言い渡されたピエール・タンタシオン。支払いを済ませて公園まで歩いていたら、ちょうど食べ頃の時間になっていました。ニトロの大好きなピスタチオのケーキです。食べにくそうな形でどこから食べようか迷いましたが、てっぺんにフォークを入れて口に運ぶと、こくのあるピスタチオムースの風味が口いっぱいに広がります。ムースの中にはグリオットチェリーのジュレが仕込んであります。おそらく、ジュレが冷凍状態なので、少し時間を置かなきゃいけなかったのかなと推測。少量だと美味しいのですが、単調な味なので食べ進むうちに「もう一工夫欲しいかも??」と思ってしまいました。美味しいのですけどね、何なんだろう。
マカロンにいたっては、うーん、これは次回は買わないかなぁ^^;パティスリーのマカロンにしては、感動がなかったです。

『ブリオッシュ・サブリナ(税込230円)』は、ブリオッシュ生地の中にフランボワーズコンフィチュールが入っていて、外側には砂糖がまぶしてあります。翌日、朝ごはんとして食べたのですが、素直に美味しかったです。ブリオッシュ生地と、甘酸っぱいフランボワーズコンフィチュールのバランスが良くて、満足感の高い一品でした。

大阪の人気パティスリーと聞いていたので、事前の期待値が高かったラヴィルリエ。
普通に美味しくてレベルは高いと思いますが、また絶対行きたいか?と問われると首を傾げてしまうかも。単純に、ニトロの好みの問題ですけどね。一度は行ってみたかったので、満足できました。評判の高い接客サービスについては、確かに細やかな気配りを感じられて心地よかったです。

もう一店、ドゥブルベ・ボレロにも行きたかったのですが、これから行くには中途半端な時間だし、そもそも立て続けにケーキを何個も食べられないので、今回は諦めました。大阪はいつでも来れるので無理せず、自分が食べたい状態の時に美味しく食べるのが一番かなと。
夕方にはなんば近くのホテルにチェックイン。一旦荷物を置いてから外出するつもりでしたが、行く予定だったお店が移転のためクローズしていたので、結局そのままホテルから出ずに一夜を明かしました。
5月のGW、大阪ではTRUCKにもチャルカにも行ったので、今回はパティスリー巡りができたら良いと考えていましたが、本当にラヴィルリエしか行かずに大阪一日目が終了しました。
今年のお盆旅行は、大体において同様の行程です。一か所につき一店舗もしくは一用事しかないので、それが終わったら早々にホテルへ直行するパターンでした。昔は、滞在時間を目いっぱい使う旅行計画をたてていましたが、最近はまた来れるのだから焦ってあちこち行く必要もないし、食べる必要もない、と思ってしまいます。歳を取ったなーと実感。

そんなわけで、初日の大阪はラヴィルリエに行っただけで終わり。翌日は名古屋へと移動します。
【2017夏18きっぷ旅行】奈良美智展覧会『for better or worse』@豊田市美術館

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link