ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

50年ぶりの『フルッタ』復刻とhouse towelのTwiggy柄グレー

time 2017/03/17

50年ぶりの『フルッタ』復刻とhouse towelのTwiggy柄グレー

普通ではあり得ないコトが起こるネットショップ『scope』。今回も、驚きと感動を届けてくれました。

3月14日の朝、前日の夜にscopeから届いていたメルマガを寝惚けながら開いたニトロ。内容を見て一気に眠気がふっとびました。
フルッタ復刻?!一個税抜1500円??!!しかも、特製フルッタ柄の布で包まれている???!!!たくさんの?と!マークが頭の中を駆け巡りましたが、絶対に見逃せない企画なのは間違いありません。すぐに注文数上限の2個をカートに入れて、送料対策として以前から欲しかったhouse towel Twiggy柄グレーのフェイスタオルも追加で2枚注文しました。

ニトロが今回の企画を知ったのは、上述の通り14日の朝でしたが、販売開始は13日の20時からだったみたいで、ものすごい勢いで売れているのがリアルタイム実況報告からも伺えました。結局、販売から一日経たずして完売したのですから、凄いの一言です。
広告費をお客さんに還元するための赤字企画らしいですが、戯れに考えついて「良いね~」なんて話になったとしても、実際に行動できる人、企業なんて、まずないのでは。だからこそ、scopeはネットショップの世界で独自の立ち位置を築けているのでしょうけど。
これまでにシャチョウさんが築き上げてきた、人との繋がりや信用があってこそなので、同じことを他の企業が真似するのはハードルが高いですし、シャチョウさんだって決して一足飛びで辿り着いたわけではないはず。
シャチョウさんの「ゴミを売らない、作らない」考えは、ニトロがモノを買う時の唯一の判断基準でもあって、深く賛同しています。今だけでも売れるから作る、あとは知らないよって刹那的な考えで作られたモノには愛着も湧きにくいし、そもそも良質なプロダクトとは言えない場合が殆どです。
買う時には少々値段が張って勇気が必要でも、末永く使えて、使いこむごとに劣化するのではなく逆に磨きがかかるような、そんなモノとの付き合いの方が、生活が豊かになるのではないか?
何でも揃っている豊かな時代だからこそ、何を選択するのか、どんな生活が本当の豊さに繋がるのか?と、販売側の立場、たくさん買ってもらった方が儲かる側から提案する姿勢が、現代的ですよね^^

注文から二日後、scope便がニトロ家に届きました。

注文品以外にも様々なオマケ付きなのが、scope便の嬉しいポイントです。注文時期によって柄が異なるミニクリアファイルや、ファイルに挟まれたリーフレットも楽しみですし、オシャレな写真つきポケットティッシュも実用的で嬉しい。自分で注文したにも関わらず、思いがけないプレゼントをもらった気分になれます。

house towel Twiggy柄グレーのフェイスタオル。同柄のミニバスタオルとバスマットは既に持っているのですが、やはりTwiggy柄好きです。
scopeのハウスタオルバスマット
scopeから新色のTwiggyベージュバスマットが届きました
4月発売予定の、グレーのTwiggy柄バスマットも楽しみ。ブルーとベージュに加えてグレーも揃えば、日々色違いのTwiggy柄バスマットが使えます。

Twiggy柄バスマットを敷くだけで、洗面所の景色が数段グレードアップしたかのような錯覚に陥ります。プロトタイプから日常的に使い続けていますが、素材も柄も大きさも、何一つ文句ない素晴らしい商品だと実感しています。

同柄のタオルもオシャレで、グレーの色味も好みです。フェイスタオルながら、しっかりした厚みと大きさがあるので、一人なら風呂上りのバスタオルとしても十分使えそう。

続いては、お待ちかねのフルッタグラス!

ニトロが初めてフルッタグラスの実物を観たのは、2月初旬に訪れた福岡のフィンランド展でした。
フィンランド・デザイン展@福岡市博物館
展示会場の併設ショップで販売されていたヴィンテージの水色フルッタが、たしか一個5000円くらいだったかな?その時は、グラスの名前や生産のいきさつを知らなかったので「花柄(フローラ)と、動物柄(ファウナ)と同じシリーズで、フルーツ柄もあるのかー」と思って見ていました。
フルーツ柄の綺麗なガラスコップは可愛らしく魅力的でしたが、そもそもニトロはガラスのコップにあまり興味がなかったので、買うまでには至りませんでした。

しかし、今回の企画は別です!フルーツ柄のグラス、これはフィンランド展で見たのと同じ?メルマガを読んで商品にまつわるストーリーを知ると、俄然刺激される物欲。そして驚きの価格。悩む間もなく即決でした。これはヤバい!こんなこと、scopeにしかできない(普通はしない)。
本能の赴くままに購入しましたが、手元に届いた商品は予想を上回る素晴らしさでした。

モノクロ総フルーツ柄の特製布の大きさは約50cm四方の正方形。この布だけでも十分価値があるのに、グラスのオマケ的な立ち位置だなんて・・。恐ろしいです。たっぷり余裕のある布に包まれたフルッタが、また可愛い。

フルッタグラスは、通常のマグカップと同程度のサイズで、思ったより大きめでした。「何を入れて飲もうかな」と考えつつも、いきなり使ってしまうのが勿体なくて、また元通りに包み直しました^^;しばらくは保管しておきます。

今回販売された10,000個のフルッタは瞬殺でしたが、次回入荷は7月とアナウンスされています。フルッタの歴代アイテムはグラスとピッチャーの二種類のみですが、今後は他色展開もあるみたい。クリアのフルッタも可愛いですが、色付きフルッタも楽しみです。
ガラス製ピッチャーって、割れたらショック過ぎるし、そもそもニトロの普段の生活では使うシーンがまず思い浮かばないのですが、モノとして魅力があると使い道なくても欲しくなるかも。飾っておくだけでうっとりしそうです。
フローラのピッチャーやグラス、ボウル、アートフローラも、これまでは素敵だな~と眺めるだけで買ってはいませんが、フルッタのピッチャーが発売されたら揺らぎそうだな^^;

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link