ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

ニトロ母&義弟の誕生日★イチゴのショートケーキを作りました

time 2021/01/16

ニトロ母&義弟の誕生日★イチゴのショートケーキを作りました

誕生日と言えば、欠かせないのは誕生日ケーキ。
ニトロが通信で習ってから、見よう見まねながらホールケーキを作れるようになったので、家族の誕生日ケーキを担当する機会が増えました。
1月は、ニトロ母と妹2旦那さんの誕生日があるので、イチゴのショートケーキを作りました。甘いものが好きではないニトロ母ですが、イチゴのショートケーキは食べてくれます。旦那さんには、リクエストのクッキーも合わせて。仕事から帰ってスポンジやクッキー生地から作っていると時間が足りないので、前の日に仕込んでおきました。こうしておけば、組み立てと焼成だけで済むので、3時間くらいあれば目途がたちます。
今回は、生地温度に注意してスポンジ生地を作りました。そのおかげか?混ぜてる時点では泡が潰れて黄色の部分(死に生地)がけっこう出来てたのですが、思ったより膨らんでくれました。5㎝ちょっとは高さが出てたかな。生クリームは、32%と47%を合わせて300㏄ほど準備して使うことが多いのですが(5号サイズに対しては、かなり余裕がある量)、今回はシンプルなデコレーションにするので42%の生クリーム200㏄を一パック買いました。
スポンジを三枚にスライスして、シロップを打って、生クリームを乗せて、薄切りしたイチゴを並べて、またサンドして。。の段階では、特に難しさはないのでスムーズに進みます。
最後のナッペは、やはり苦手意識がぬぐえず、やればやるほど汚くなる悪循環。

「これ以上やっても墓穴を掘るだけだ。。」
潔く?諦めました。見た目は置いといて、最近は生クリームがぼっそぼそになるほど触ってしまう癖は減ってきました。少しずつでも上達している・・と思おう。
300㏄の生クリームをたてた場合、上部にもクリームを絞ります。でも、毎回「絞りのセンスのなさよ。。」となるし、生クリーム少ない方が食べやすいので、今回はイチゴを乗せるだけのシンプルな仕上げに。

八等分にカットしてからイチゴを乗せると、なんだかクラシックな佇まい。
これで十分ですねー。
家族にも喜んでもらえて良かったです。イチゴが甘酸っぱくて美味しかった^^
イチゴが出回る季節は、何のイベントもないのにショートケーキを作りたくなります。
クリスマス、誕生日と立て続けに作ったけど、次はいつになるかなー。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

お菓子工房

LINEスタンプ

main
2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728


sponsored link