ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

アランの襟つきカーディガン2-4【きょうの編みもの】

time 2016/03/03

アランの襟つきカーディガン2-4【きょうの編みもの】

アランの襟つきカーディガン2-1【きょうの編みもの】
アランの襟つきカーディガン2-2【きょうの編みもの】
アランの襟つきカーディガン2-3【きょうの編みもの】
前後身頃が完成したので、次は袖です。
気が早いですが、既に終盤に差し掛かっているような気持ちです。袖にはカリヨンパターンが配置されておらず、進みが早いからかな。

増やし目に注意しつつ、同じものを二枚編みます。

ちょっと大きさが違うような気もしますが、気にしません。
前立ても、身頃裾の二段増に合わせて二段増やしています。うっかり忘れそうになりましたが、編んでいる最中に思い出しました。そのまま編んでいたら、身頃と合わせる時に「短い~!!」とショックを受けるところでした。危ない危ない。
ボタン穴あり、なし、各一枚ずつ前立てを編んで、襟以外のパーツは完成。やはり一度編んでいることもあって、全体の流れはスムーズでした。
前立てと身頃は、本では巻きかがりで合わせていますが、ニトロはやったことないので一枚目同様にすくいとじで合わせました。後ろ身頃と前身頃もすくいとじで合体させて、両袖もとじていきます。
ここまでくれば完成間近・・と言いたいところですが、一番の難所がこの先に待ち構えています。

だんだんと、服っぽくなってきました。パーツだけ見ると「ちゃんと着れるのかな?」と思ってしまうけど、手順通りに作れば素敵なカーディガンが出来上がります。毛糸と編み針、あとは手。たったこれだけの材料で、ある意味とても原始的な方法でちゃんと着れる服が作れることに感動します。大げさですが、ニトロの偽らざる心境です。
手編みのセーターに憧れつつもニトロには無理だと諦めていましたが、挑戦してみて良かったです。興味はあるけど難しそう・・と思っている人こそ、やってみるとハマるかもしれません。
ボタン穴側の前立てが波打っていますが、これも一度水に通せば落ち着くはず。一枚目もこんな感じでしたし。もうひと踏ん張りです。
アランの襟つきカーディガン2-5【きょうの編みもの】へ続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


sponsored link