ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【ICプロジェクト】初めてのアイシングクッキー作り

time 2018/07/23

【ICプロジェクト】初めてのアイシングクッキー作り

先日、ニトロはアイシングクッキーのワークショップに参加しました。なぜ、唐突にアイシングクッキー?って疑問に思われるかもしれません^^;ニトロも、アイシングクッキーは見るのも食べるのも、特に興味はありませんでしたから。

ただ、鹿児島のMizuho Oshiroギャラリーで開催された、長井朋子さん個展のプレオープンで振る舞われた、長井作品から抜け出してきたかのようなオリジナルクッキーが、とっても印象に残っていて。
長井朋子展『日本梅星物語』@Mizuho Oshiro Gallery-1
長井朋子展『日本梅星物語』@Mizuho Oshiro Gallery-2
※残念ながら、エントリの写真は消えてしまっています。無念。ぜひとも、ギャラリーHPにて、作品やお菓子の写真をチェックしてみてください。
作品からモチーフを選んで、一つずつ丁寧に作られたアイシングクッキーは、とにかくその場がパッと華やかになる存在感でした。

で、一年ほど前からお菓子作りを始めたニトロは、おもむろにあのアイシングクッキーを思い出し、そして長井朋子さん作品との結びつきを考えた時に、あの世界観が鹿児島でしか体験できないのが、あまりにも勿体ない気がしてしまって。ただの自分の願望でしかないのですが、長井さんの世界観を、アイシングクッキーで表現することに取り組んでみたいなぁ・・と思うようになりました。

しかし、アイシングクッキーに関しては、全くの素人。動画や本で知識は得られますが、こればかりは実際に体験してみないと分からない部分も多いです。前置きが長くなりましたが、そんな理由から、まずは個人レッスンを受けてみたのですね。クッキーやアイシングは、あらかじめ講師の方が準備してくれているので、ニトロはひたすらアイシングクリームで線を引いたり塗ったり。百聞は一見にしかずとはよく言ったもので、やはり自分の手を動かして実践できたのは、とても有意義な体験でした。

その後、自分で作ってみようと、着色ジェルを買ったり

乾燥卵白を買ったりして、準備を進めました。

クッキー型も、長井さん作品をモチーフにするならオリジナルで作るべきですが、今回は、まずアイシングに慣れるのが目的なので、既存の型でクッキーを作りました。

この機会に、前から欲しかったシルパンも買いました。

cottaオリジナルのシルパンは、標準的な天板にぴったりはまるサイズ。大きさを測らずに買ったけど、ニトロ家のオーブン天板にもピタッとはまりました。シルパンで焼くと、クッキーの余計な油分が下に抜けるので、平らに焼けるらしい。アイシングクッキーを作るなら、やはりあった方がよいかなってことで。

15cm四方の透明フィルムも。買って気付いたのですが、これを対角線上に切ってコルネを作るので、150枚注文して300本のコルネができます。今回は15cmを買ったけど少し小さかったので、次に買うのであれば18cmの方が使いやすいかも。


カラージェルは、8色セットと12色セットがあります。ニトロは12色セットを選びました。黒が入ってるのも便利かなと。

色を作るときの容器は、小さい紙コップを使いました。混ぜ用には、プラスチック製のミニスプーン。途中で足す水を入れる容器も100均です。100均さまさまですねー。

まずは、基本の白いアイシングクリームを作って、紙コップに取り分けてカラージェルを加えて、コルネに詰めて・・。ここまで用意するだけでも、けっこうな労力です。

前日に焼いていたクッキー、プレーンとココア生地で作りました。裏側の網模様がシルパンで焼いた証拠です。全体的に、綺麗に焼けてるのではないかな。

いざ、絵を描き始めると、描いても描いてもアイシングが減りません。一人で作業しているので、もう終わりにしたい。。と思っても、途中で止められず。結局、15時頃から始めて日付が変わるくらいまで、テレビを観ながらダラダラとやってました。最後あたりは紙コップの中のアイシングクリームも固まってしまって、作業しにくかったです。

センスはさておき、どうにか完成した初アイシングクッキーの、ほんの一部です。

途中で飽きてきて、なんか適当感あふれるクッキーもありますが・・。黒色が思ったより黒くなくて、暗めな紫?って感じでした。黒は出にくい色なので、竹炭パウダーを混ぜたりするって書いてあったけど、やっぱりジェルだけだと難しいのかな。

スプーンとハートを集めてみました。なかなか可愛い。

サンフレッチェクッキーも、いくつか作ってみました。背番号18は、もちろんカッシー^^

ワークショップとは違って、今回は最初から最後まで自分で全て作ってみましたが、やっぱりアイシングクッキーは手間と時間がかかりますね。クッキーを焼く前段階を経て、アイシングクリームを各色作って、コルネに詰めて、クッキー一枚ずつにお絵かきして。もちろん楽しいのだけど、今回は一人でけっこう大量に作ったので、終わってからは「はあー、疲れた!」って声が出ました^^;
味は、アイシングに合わせて甘さ控えめ?なクッキーなので、そこまで甘さは強くなかったかな。今回は、粉糖+乾燥卵白+水でアイシングを作りましたが、次回は水をレモン汁に置き換えて作ろうかなー。レモンサブレっぽい味わいの方が、より食べやすい気がするので。。今回もレモン使いたかったのだけど、甥っ子には普通のアイシングの方が食べやすいかなーと思って、水にしたのです。

当初の目的である、長井さんクッキーを作るにあたっては、まずはクッキー型を作らなければなのですが、これがまた難しそうで・・。逆に言えば、そこさえクリアすれば、ゴールは間近です。絶対に実現させたいので、どうにか頑張ろう。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link