ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

ロベール・クートラス展@Gallery SU【2015年】

time 2015/10/15

ロベール・クートラス展@Gallery SU【2015年】

東京、港区麻布台に位置する
Gallery SUにて開催中の
ロベールクートラス展に行って来ました。
高速バスで日帰りなので、時間はかぎられていたものの
展覧会は十二分に堪能しました^^

新宿に到着後、まず向かうは
どら焼きで有名なうさぎやです。
本店は上野ですが、水曜定休のため日本橋のうさぎやへ。
オフィス街のビルの一角に、かなり小さなスペースで営業していました。
一つ210円(税込)で、五個お持ち帰りしたので1050円でした。
箱に入れてもらうと、別途箱代がかかります。
どら焼きは、ボリュームがけっこうあってずっしりと重い。
一つ食べれば、かなりお腹に溜まります。
日持ちしないので(製造翌日までの消費期限)
遠方への手土産にはなりにくいですが
餡好きな人なら、まず外さないチョイスだと思います。

皮はしっとり、餡はずっしり。甘すぎず、食べやすいどら焼きでした。

その後は、東京に来たらいつも食べてしまう
古奈屋のカレーうどんでお腹を満たし、丸善を冷やかしたのち
日比谷駅まで歩いて、そこから日比谷線で六本木駅まで。
六本木駅から、徒歩10分ほどでGallery SUに到着しました。
IMG_3437
IMG_3438
個展案内ハガキ。往復はがきタイプで、尚且つ両面に
クートラス作品が、カルト、ガッシュ、テラコッタと配置されています。

展示スペースはかなり狭いものの、オーナーの女性の柔らかい雰囲気が心地よくて
結構長居してしまいました。

クートラス人気も高まってきていますし
初日にほぼ売れてしまって、買える作品はないだろうなー・・
との予想とは裏腹に、売約済みシールが貼られている作品は
多くありませんでした。
作品点数は、カルトが100点弱ほどありました。
あとは、小さなブローチ大の焼き物が10点ほど
少し大きめなタイルのようなもの、人の顔をかたどったものなど
テラコッタ作品は、バリエーションがありました。
※展示の様子は、Gallery SUのExhibitionsで観ることができます。

カルトも、クートラスといえばこれ!というようなモチーフから
こんなのも描いてたのかーと、初めて見るものまで、様々でした。
「気になるものがあれば、手にとってご覧になってくださいね」
と声をかけてもらいましたが、貴重な作品ですし
おいそれと触ることもできず。
一枚だけ、気になったカルトを持たせてもらいましたが
軽い、薄い。
ああ、こんな感じなのか…
美術館に飾られている作品を観るだけでは分からない
「作品の重量感」を、直に触れることで味わえました。

オーナーさんのお話も楽しいし、とにかく見飽きることがなくて
狭いスペースをグルグルと、行ったりきたり。
カルトの価格は、安いもので6~7万円、高いものでも35万円ほどでした。
テラコッタも、ブローチ大の焼き物は3万円
頭像やタイルは10万前後と、全体的に手が出せなくもない価格帯。
ものによっては、100万超えたりするのかな?とも思っていたので。
好みのカルトを何点かを選んで、一つの額に配置して飾るのであれば
やはり100万単位にはなりますけど。
ニトロは、カルトでいくつか迷ったものの結局決めきれませんでした。
代わりにハガキを数枚。
IMG_3439
IMG_3440
IMG_3442

関連本も置いてあったのですが、既に持っていたので買わず。

ガッシュ作品が中心の画集。カルトとは、また一味違ったクートラスの世界観が堪能できます。


ポストカードに、ほぼ原寸大のカルトが印刷されています。
切り抜いたカルトを、好みに応じて額に配置すれば雰囲気が出そうです。


クートラスの作品を一手に託されている岸真理子さんの回想録。
クートラスと濃密な時間を過ごした岸さんにしか書けない
エピソードがふんだんに盛り込まれています。

ギャラリーには、松濤美術館でクートラス展が開催された時のポスターが
貼ってあったのですが、それが素晴らしかった!
販売もされたらしく、しかも一枚300円だったと・・!!!
展覧会用のポスターなので、美術館のロゴや開催期間など
他の情報も入っているのだけど、全体的なバランスが素晴らしくて。
このポスターだけのために、やっぱり2月に行きたかったなぁ・・
と、かなり後悔しました。そのくらい素敵だった。
やはり、大人気だったらしくてすぐに売り切れ
→増刷したけどまた完売した、と言われていました。
ニトロも、このポスターが買える時に行っていたら
用がなくても10枚くらい買っていたかもしれません。。
それでも3000円だもんなあ。良心的すぎます。
カルトが5×3で15枚並んでいるのですが、どれもこれも素敵過ぎ。。
ぶっちゃけ、このポスターが一番欲しい!と思ってしまいました^^;

来年の3月半ばから8月末まで、静岡のベルナール・ビュフェ美術館にて
ロベール・クートラス展の開催が決まっています。
開催期間も長いですし、久々に静岡まで行きたいな。
18きっぷが使える夏休み期間に、電車で行くのも楽しそうです。
ついでに気仙沼ニッティングにも行こうかな、なんて夢は膨らみますね・・
ちょっと具体的に計画を練ってみます^^

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


sponsored link