ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

二泊三日の東京旅行計画が完成!ニトロ的格安旅行の作り方

time 2017/01/31

『ART in PARK HOTEL TOKYO 2017』の招待状が届きました
別便で東京に行く予定があるし、日程的に厳しいなぁ・・なんて言いながら、頭の中では高確率で「行く」に傾いていたのですよね^^;一期一会、迷ったら行け!の精神を発揮しました。

sponsored link

ニトロ的格安東京旅行の作り方

まずは、往路のバス便を変更。当初は日帰り予定だったのですが、二泊することに。日帰りでラスコー展・ob展、青木雄二展を廻る慌ただしい予定でしたが、アートフェアに行くと決めて計画を練り直しました。

ほぼ日帰り(行き帰りとも車中泊)の場合でも、高速バス代は往復12000円かかりますが、二泊三日(行き帰り車中泊なので、実質は四泊三日)で三日間しっかり東京滞在できるプランに変更して、旅行代金は17000円で収まりました。

広島ー東京間のバスは何社か運行していますが、ニトロはピンクのバスが目印のWILLER TRAVELプレミア会員なので、大抵はウィラーバスを選びます。
年間1080円(税込)の会員費で『片道300円の割引』が常時適用されるので、乗れば乗るほどお得ですし、空席があれば当日ネット経由で『座席のグレードアップ』も可能です。ニトロも、通常シートから独立シートに変更したことがあります。もちろん追加料金はなし。これだけで、数千円分のお得感です^^
東京⇔広島
高速バスと同程度の金額ならLCCも選択肢に入るかもしれませんが、不便な広島空港までの移動&成田空港到着から都内までの移動・・を考えると、追加で数千円かかります。時間もかかるしメンドクサイしで、あまり魅力がなかったので除外しました。

東京での二連泊は新しめのカプセルホテルを予約しました。二泊で5000円+消費税です。楽天トラベルで予約したので、貯まっていたポイントも使って税込3400円で予約完了!

これで、二泊三日の東京一人旅の完成です。

旅行会社のパックで二泊三日の旅程であれば、飛行機・新幹線パックともに大体35000~40000円かかります。予約人数が二人以上ならパック旅行でも割安ですが、一人だとどうしても割高になってしまいます。
高速バス+カプセルホテルならパック旅行の半額で行けるとなると、ニトロの考えは「それなら同じお金で二回東京行ける方が有難いな」となるわけですね。

お金に余裕があって移動時間は短く楽に済ませたい人、そもそも高速バスなんて乗りたくない人は別として、時間はあるけどお金に余裕がない学生さんには多少参考になる・・かもしれません。青春18きっぷの使用期間なら、電車も組み合わせてバリエーションを出しても楽しいですよ^^
まだボンヤリとした予定でしかありませんが、ニトロも4月頃に青春18きっぷで東北方面に旅行したいと考え中です。

今の時代、お金がなくても旅行できる環境は整っている

前の会社時代から、ニトロがあまりにもあちこち出かけていたので「よくそんなお金あるねぇ」と半ば呆れながら^^;言われたりしましたが、違うのですよ!
決して、ニトロはお金持ちじゃありません。
そりゃ、セレブでゴージャスでファビュラスな旅行を望めば、多くのお金が必要です。ただ、ニトロの旅行は美術展やライブが目的の場合が多いので、そのための移動と宿泊は手段でしかないのですね。もちろん、奈良の秋篠の森に宿泊した時などは、そのホテルに泊まること、それ自体が目的でしたが。

旅行好きの人ならきっと同意してくれると信じていますが、旅行はお金がないとできない趣味ではありません。どちらかと言うと、限られたお金と時間しかないからこそ、工夫の余地が出てくるゲームなのです。
だから、本番の旅行が大事なのは当たり前ですが、時刻表を見たりホテル情報を見たりお金を計算したり・・と、準備にかける時間も同様に楽しいです。
頻繁に旅行し始めた頃は「今は貧乏旅行だけど、もう少し大人になればお金に糸目をつけないセレブ旅行をするのだ」と思っていました。しかし、結局現在も「いくらで行けるか!」的ゲーム感覚は薄れることなく続いています^^;

ただ、一人だからこそ多少の無理があっても楽しめますが、同行者がいる場合はそちらの都合を優先します。
例えば、ニトロ母と旅行するなら、やはり宿泊はちゃんとした綺麗なホテルに泊まらせてあげたいですし、片道10時間以上のバス旅はしんどいので、新幹線を選びます(とは言え、ニトロ母もライブのためにバスで東京行ったりしてましたが)。
自分が出来るからと人に強制するものではなく、相手が快適であるように考えるのも楽しさですね。

最近の旅行でのこだわりは、宿泊場所の立地と新しさです。
駅から近く分かりやすいのは、移動が多い旅では有難いポイントですし、新しいホテルはやはり気持ちが良いもの。古びたホテルのタバコ臭がある部屋だったりすると、一気に気分が落ち込みます。
近年はカプセルホテルも進化していて、古いホテルの個室より新しいカプセルホテルの方が、使いやすさや清潔感の点で優れている場合も多いです。もちろん価格面で優位性があるのは確かですが、カプセルホテルでもホテルと同程度の価格をつけているところもチラホラ見受けられます。やはり良い立地で新しめだと強気価格ですね。

そんな感じで譲れる部分と譲れない部分を秤にかけて、試行錯誤しながら納得いく旅プランができあがりました^^
日帰り予定だったので、バレンタインコーナーもチラ見しかできないなーと思っていましたが、ほぼ三日間がっつり滞在できるので、東京のバレンタイン商戦もじっくり楽しめそうです。ニトロの貧乏舌では高級チョコの味は分かりませんが、見るだけでもウキウキしますからね。
去年もバレンタイン時期に東京に行ったなぁ。
マッターホーンとバレンタインチョコ
今年はRyouraに行きたいけど、目当てのチョコが残っているかどうかが問題です。ギモーヴチョコが食べたいのです。
新進気鋭のパティスリー『Ryoura(リョウラ)』のお菓子

その前の福岡長崎旅行も間もなくですし、鹿児島旅の計画も立てなければ^^
WILLER TRAVEL

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


sponsored link