ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

段染毛糸での靴下編みに初挑戦。専用輪針も買いました。

time 2019/12/13

段染毛糸での靴下編みに初挑戦。専用輪針も買いました。

編み物を始めた当初は、全然興味がなかった段染毛糸。そして靴下編み。
なのですが、最近になって、ようやく「面白そうかも。。」と気になってきてました。
そんな折に、たまたまユザワヤに寄ったら、オリジナルブランド?のフリーソックシリーズがセールになってて。税抜580円、込みでも650円ほどだったかな。毛糸一玉で靴下一足編めるって、お楽しみとしては、かなりコスパ良いのでは。。?カラーバリエーションも豊富で、メリヤス編みだけで柄が色々と出てくるのも楽しそう。
とりあえず一玉試しに。。と選んでいると、レジ横に、靴下編みと言えばコレしかないでしょう!の王道毛糸、オパールの30%オフコーナーを発見。スルーできず、結局オパールも二玉選びました。

しかし。毛糸を買っておいて何ですが、ニトロは靴下の編み方を知りません。
三國さんの編み図で、透かし模様の靴下を編んだことはありますが、ミトンと同じ形で、爪先がとんがってるタイプだったし、メリヤス編みでもないし。
で、もうちょっと、靴下編みに特化した本を探そう!と書店に出向きました。

最近では、かかと編みもなし、まっすぐ編むだけの靴下!みたいな本もあって、それはそれで簡単だし、案外履きやすかったりするのかな?とも思いますが、せっかく覚えるなら、基本的な靴下の編み方をマスターしたい。
そんな視点で選んだ本がこちら。

説明が丁寧で分かりやすく、読んでいくと「ああ、こうするのだなー」と想像できたので。
細い号数の輪針は持ってないので、改めてユザワヤで2号輪針を二本購入。マジックループだと一本の輪針で編めるらしいのですが、継ぎ目がハッキリ分かりやすいみたいだし、二本で編む方がニトロには簡単かな、と考えました。

まずは、ユザワヤのフリーソックで編み始め!オパールは、慣れてからチャレンジします。
慣れるまでは難しく感じますが、慣れると単純作業の繰り返しなので、わりとサクサク進みます。
でも、途中で目数少ないことに気付いて、二回ほど全解きしましたけどね。。

二本輪針はコードの取り回しが難点だし「この輪っかの大きさなら、短い輪針でいけそう」と思えたので、以前にもセーターの袖用に注文した近畿輪針さんの非対称輪針をポチりました。
ついでに、オパール用に1号針も。

でも、2号針で足サイズピッタリ(ニトロの足は23-23.5くらい)だったので、ニトロはオパールも2号針で編むかなぁ。

こんな感じで、針の持ち替えなく編めるので、編み地が安定するし、持ち替える時間のロスもありません。
針が短いので持ちにくい、慣れるまでは変な箇所(手首や指の一部分)に負荷がかかって、長く編んでると腱鞘炎になるかも。。って不安になりますが、コツを掴めば、二本輪針よりは、やっぱり楽です。非対称輪針は、長い針を右手、短い針を左手に持つのがセオリーらしい。しかし、なんだかとても編みにくい。どうにか編みやすい方法がないかとネットで調べてみると、針を逆にすると編みやすくなったと書いてありました。ダメ元で試してみると、たしかにニトロにとっては、こっちの方が編みやすい。なので、途中からは短い針を右手、長い針を左手にして編みました。
もちろん、複数の短棒針を駆使して何でも編めるのが一番経済的なのでしょうけど、ニトロは複数棒針で編むのが苦手なので、道具で解決できる問題なら使えば良いじゃんってなっちゃいます。
そんなわけで、一足目は二本輪針、二足の甲あたりから短輪針に持ち替えました。

完成品がこちら。

左側が短輪針、右側が二本輪針です。
二本輪針の靴下は、コードとコードを持ち替えた箇所がハッキリ分かりますが、短輪針は持ち替えがないので、編み地がフラットです。

そして、編み地自体もキュッと締まってるからか、一回り小さめな仕上がりに。。
せめて、一足目は両方とも揃えて二本輪針で編んでも良かったかもしれません。届いたら早く試したい性分なので、ガマンできませんでした。

初めての段染メリヤス編み靴下、編み始めてから一週間足らずで一足編めました。小さいのでモバイル編みにもちょうど良さそうだし、何よりも編んだらすぐに履けるのが嬉しい。この編み方だと、糸始末も爪先と履き口の2カ所しかないので楽ちんです。セーターなどの大物だと、糸始末がひと仕事ですからねー。

ソックニッターなんて言葉があるくらい、靴下編み愛好家の人たちは世界中にいますが、その気持ちも分かるなぁーと思いました。編むことに没頭できる感じ。同じ形なら、編み図を見なくても、ひたすら手を動かせるし。それでいて、かかと部分では立体的な形ができる。ミトンや帽子と同じ小物ではあるのだけど、ちょっと、靴下の達成感って他とは違うのかも。
何と言っても、編んですぐ履けるのがテンション上がります。複雑な形をした足に、ピタッとフィットする手編み靴下の可愛さよーってなりますもん。

次は、つま先、かかと、履き口を単色で編みたいので、オパールの単色毛糸も買いました。

この年末年始は靴下編みにハマるかな?!

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

編み物

美術関連

音楽

旅行

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


sponsored link