ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

レースフレームのカーディガン-2【きょうの編みもの】

time 2018/02/05

レースフレームのカーディガン-2【きょうの編みもの】

レースフレームのカーディガン-1【きょうの編みもの】
ざくざく編んでいきます!

徐々に・・

白い塊が・・

大きくなっていきます・・

これを着たニトロ母が「雪だるま化」するのではないか?
それだけが、心配です。

10玉以上編んで、ようやくレース部分に差し掛かりました。メリヤス砂漠が続いたので、レース編みゾーンは手にも目にも楽しいです^^レース編み手前で輪編みは終わり、前後身頃をそれぞれ往復編みで編んでいきます。

前身頃、後ろ身頃ともに一段ずつ多く編んで、引き抜きはぎでくっつけてベスト状態にしました。
本ではメリヤスはぎで前後身頃をくっつけていますが、メリヤスはぎは難しいので慣れている引き抜きはぎで処理しました。衿は15号針で編んでいます。

あとは、両袖を輪編みで編めば完成です。ここまでは、大きな失敗もなく順調に進んでいます。

まずは右袖から、身頃と同じ8ミリ針で編んでいきます。

右袖編み上がり。しかし・・

なんだか太すぎる・・?ちょっとダルッとし過ぎていて、着用時にもたつくかも。
本の編み図では、身頃と袖は同じ編み針号数で編んでいるので、8ミリでも間違いではありませんが、もう少し細い方がスッキリしたシルエットになりそうです。

比較検討するために、左袖はサイズを落として15号針で編んでみました。左右の袖の太さを実際に着て確認すれば、ニトロ母も選びやすいでしょうしね^^

写真向かって左(右袖)が8ミリ針、右(左袖)が15号針で編んだ袖です。やはり、15号針で編んだ袖はスッキリしています。
両袖完成後、ニトロ母に着用して確認してもらうと、やはり「15号針の袖の方が良い」と言われました。8ミリで編んだ右袖を解いて、15号針で編み直します。

ゴールまであと少し。
思い通りに進んではいますが、一点だけ「こうすれば良かった」と悔いが残ったのが裾です。単純に筒状に輪編みしていますが、ガーター編み部分は前後に分けて、スリット状にした方が可愛かったはず。
白いガンジーセーターの裾スリットを思い出すのが遅かったな~。さすがに裾まで戻って編み直しとなると、ぜーんぶ解かなくてはいけないので、今回は目を瞑ってそのまま仕上げます。
レースフレームのカーディガンのエントリは次回で終わります。もう少しお付き合いくださいませ。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

音楽

サンフレッチェ広島

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  


sponsored link