ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

syrup16gライブDVD『再発患者』独り言レビュー

time 2016/07/16

syrup16gライブDVD『再発患者』独り言レビュー

syrup16gライブDVDBOXセット 『再発患者』発売決定!!

楽天で注文していたsyrup16g映像作品が、無事届きました。
UKFC ONLINE STORE注文特典のTシャツも気になっていたのですが、ニトロ達もいい歳した大人ですので、現実的な線に落ち着きました。

妹1と一緒に観る約束をしていたので、準備万端で泊まり込み。
甥っ子たちを寝かしつけたら、お待ちかねのsyrup16gタイムです。
1.アルバムHurtレコ発にして、再結成後初ツアー収録の『再発』盤
2.シングルKrankeレコ発ツアー収録の『患者』盤
3.the telephones活動休止ライブ参加の『フェス』盤。
上記3枚+写真集付きDVDBOXセットは、かなり豪華な内容です。
syrup16gはライブで演奏する曲がほぼ固定化しているので、DVD3枚で被る曲も多く、頭から順番に観るのも時間がかかるので、ニトロと妹1が観たい曲を次々と選んでは流すスタイルで鑑賞。
以下、ニトロの感想をつれづれに書いていきます。

1.『再発』盤
再発ライブでは、syrup16g特有の緊張感を久々に思い出しました。五十嵐さんがMCで話していたように「ものすごく緊張している」のが、映像を通して観ても客席まで手に取るように伝わってきます。徐々に雰囲気がほぐれてくるまでの、まるで生き物のような空気感。
現地では「ああ、これがsyrup16gのライブだったなぁ」と思い出しながら聴いていたら、あっという間に終わってしまった記憶があります。
■会場で聴けて感動したハピネス、ニセモノは、ライブ盤でもやはり良かった。
■MCは少なめだけど、はにかみながらも一言「ただいま」と発してくれた五十嵐さんの笑みが全てかな~。
syrup16g『Hurt』リリースツアー“再発”@東京国際フォーラム 2014.9.22 

2.『患者』盤
ニトロにとって人生二度目のNHKホールは、Krankeツアーファイナルでした。ちなみに初NHKホールは、五十嵐さん単独名義での『生還』です。
五十嵐隆『生還』@NHKホール 2013.5.8
syrup16gライブがあった二日間は両日とも雨模様。もう一年経ったのか~。早いな、本当に。
■何といっても、マキリンの医者Tシャツ、五十嵐さんMCが見どころ。
syrup16gライブで、こんなに朗らかな三人を見たことがあっただろうか(いや、ない!!少なくともニトロは)。40過ぎのおじさん達のバンドなのに、ここにきて初々しさも含みながら、ちゃんとバンドっぽくなってます。そんなsyrup16gの面々を見れるだけで、正直お腹いっぱい。
■明日を落としてもの入り部分で「あしっ・・明日を~♪」と歌っていました。やっぱり気のせいじゃなかった。
syrup16gツアーKranke@NHKホール 2015.7.9-1
syrup16gツアーKranke@NHKホール 2015.7.9-2

3.『フェス』盤
the telephones活動休止フェスには行かなかったので、初見です。
■定番曲演奏で短時間ながらも、すごく心のこもった演奏で五十嵐さん気合入ってる感あります。
■会場はさいたまスーパーアリーナ。こんなに大きな会場でも、syrup16gの音楽は確かに響いているように見えました。演奏のクオリティだけでいえば、再発、患者よりも良いのでは?出演時間が短いし、エネルギーの込め方が違うのかな。
■薄幕演出多いですねー。syrup16g以外のライブでもよく見る仕掛けですが、曲聴きながら「いつ落ちるのかしら・・」と毎回ドキドキします。

全体を通して、映像と音のクオリティは解散前のDVDより格段に上がっています。
生還DVDは出色の出来だったけど、映像・音像的には同程度の仕上がりなのでは。演奏面では、全編通して相変わらず不安定な五十嵐さんを、ダイキちゃんとマキリンが後ろでどっしり支える構図。それでも構わない、というか、それでこそsyrup16gというか。
ライブでは五十嵐さんの声とギター聴けるだけでいいと思っていて、十分満足しているのですが、DVDとしてパッケージ化されると、小さな粗はどうしても目と耳につきます。
何度でも言いますが、生還の五十嵐さんが本当に素晴らしすぎたので、求めるレベルが高くなっているのかもしれません。
あとは、ライブで演奏する曲のバリエーションをもっと増やしてくれたら言うことなしです。どの曲もいいし、何を聴いてもいいと思えるのだけど、定番曲以外にもsyrup16gには良曲がてんこ盛りにあるので、それらをちょっとずつでも掘り起こして聞かせてほしい。
アコギだと『明日を落としても』や『センチメンタル』は定番ですけど、だからこそ『ハピネス』やってくれたのが嬉しかったですし、『うお座』なんかも地味に待っている人多いと思います。『Inside Out』とかー、好きですよ。すごく。『土曜日』も大好き。
なかなか難しいかもしれませんが、新しいアルバム出してツアーして・・って、従来のやり方だけではなくて、これまでの曲を再構成して新しい見せ方に挑戦するのも、決して焼き直しに留まらない魅力があると思うのですが。
前にもどこかで書きましたが、くるりも同様の試みをしていますし、決して「ナシ」ではないはずです。五十嵐さん的には「過去を振り返る暇があるなら、今のsyrup16gを見せたい」気持ちが大きいでしょうけども。

あ、隠し映像の五十嵐さんの服が、めちゃ可愛かったです。
ステージ上では黒づくめですが、普段着はカジュアルでオシャレですよね。武道館ラストライブの舞台裏で、苔みたいな色のカーディガン着ているのもよくお似合いでした^^

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


sponsored link