ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

【2017夏18きっぷ旅行】日帰りで『まちのシューレ963』と『仏生山温泉』へ

time 2017/09/10

【2017夏18きっぷ旅行】日帰りで『まちのシューレ963』と『仏生山温泉』へ

今年のお盆は、青春18きっぷで電車旅を敢行したニトロ。
【2017夏18きっぷ旅行】大阪ラヴィルリエのケーキ
【2017夏18きっぷ旅行】奈良美智展覧会『for better or worse』@豊田市美術館
【2017夏18きっぷ旅行】名古屋グルメとお土産。なぜか『メゾン・ド・プチフール』のクッキーを買いました
【2017夏18きっぷ旅行】神戸『ミッシェルバッハ』のケーキと『エルベラン』のクッキー
【2017夏18きっぷ旅行】神戸『Rollo』&倉敷アリオで夜ご飯
青春18きっぷ全5回分のうち4回はお盆の旅行で使ったのですが、1回分だけ残っていました。
日帰りで旅気分が味わえる場所を考えた結果、今回の行先は香川に決定!海を隔てているので遠いイメージがある四国ですが、広島から岡山まで二時間半ほど、岡山から高松まで約一時間なので、乗り継ぎがスムーズなら三時間半あれば行けるのです。数年前にも従妹と18きっぷで高松へ行きましたが、瀬戸大橋の下を通る線路からの景色も素晴らしかったです。
香川では、奈良『くるみの木』オーナーの石村さんがプロデュースする『まちのシューレ963』と『仏生山温泉天平湯』へ行くことにしました。本当はこんぴらさんにもお参りするつもりでしたが、雨予報だったのでまたの機会に。結局、そこまで雨は降らなかったので、行けなくもなかったのですが^^;


朝一の電車で出発する予定するつもりだったのにダラダラと寝てしまって、高松に到着したのは13時すぎでした。高松駅かわいい^^

まずは琴平電鉄の高松築港駅にて、ことでんと天平湯のコラボ温泉チケットを購入しました。
事前にネットで調べていた時に知った企画で、うちわ、タオル、入浴券、高松築港駅から320円区間内の一日乗り放題乗車券のセットで1000円と、かなりお買い得なチケットです。ニトロは高松築港駅で購入しましたが、まちのシューレでも販売していました。
高松築港から仏生山までは片道運賃だけでも310円、往復で620円です。入浴料金が600円ですから、交通費と入浴料金だけでも元は取れます。それに加えて、仏生山温泉ロゴ入りのタオル(販売価格150円)、乗車券を兼ねた特製の和紙うちわ(無地の同サイズうちわで販売価格300円)をお土産として持ち帰れるのですから、電車で行く人にとっては買わない理由がありません。しかし、高松築港駅にさえ大々的な宣伝ポスターはなかったので、あらかじめ知っている人でないと気付かない可能性は大です。

駅の窓口で1000円を支払うと、うちわに今日の日付スタンプを押してくれました。電車の乗降時および天平湯にてうちわを見せて使います。タオルは、駅ではなく温泉での引換でした。
続いて、まちのシューレ963へと歩きで向かいます。あとから気づいたのですが、せっかく乗り放題のことでんチケットを持っていたのだから、わざわざ歩かなくても最寄駅まで電車乗れば早かったです・・。シューレから築港駅までも、歩きで戻りましたし^^;


数年前に従妹と行った時にはランチを食べましたが、今回は14時過ぎていたので既にランチは売り切れでした。食べる予定にはしていませんでしたし、店内をぐるーっと廻ったのみ。ニトロが大好きなブランド『samulo』のアクセサリーが置いてありました。素敵だったなー。ニトロは服飾関係のセンスは皆無なのに、ネックレスやブレスレットはなぜか好きなのですよね。

まちのシューレから再び高松築港駅まで戻って、仏生山温泉へと向かいました。

最寄駅の仏生山から歩いて7分ほどで、おしゃれな外観の仏生山温泉が見えてきました。外観も内装も、シンプルだけど落ち着いていて好みでした。ニトロが今まで行った温泉施設の中では、ナンバーワンのオシャレ感。土日祝はかなり混雑するらしいので平日に来ましたが、その狙いは当たっていましたね。
女性風呂の洗い場は全部で11個しかなくて、サウナも低温サウナでほとんど使われていませんでした。大風呂が一つ、露天には炭酸風呂と普通の温泉が一つずつ。普通のスーパー銭湯的な充実した施設を想像していたら、現実との落差は激しいでしょう。
平日で人が少なかったので、洗い場も空いていたしお風呂もゆったり入れましたが、ネットで「混み過ぎ」の意見が出るのも頷ける設計でした。場所と雰囲気は良いのでカップルや一人旅なら満喫できますが、家族連れや大人数だとちょっと厳しいかも。
30度ほどのぬるい炭酸風呂は、かなり気持ちよかったです。盛夏の季節ならずっと入っていられそう。逆に、冬は寒そうですけど^^;サウナがあれば2~3時間は余裕で入浴していられるニトロですが、風呂だけだと厳しかったです。ご飯時間も合わせて、トータルで1時間半ほどの滞在でした。

お昼ご飯がまだだったので、到着してすぐにたまごうどんを食べました。

メニュー一番上の定食も気になったなぁ。雨で涼しかったので今回は遠慮しましたが、夏の暑い日ならキウイのかき氷も食べたかったです。

入浴後は、来た道を帰るのみです。
仏生山から高松築港駅、高松から岡山駅、そして広島行きの電車に乗り込みます。
高松での滞在時間より電車の移動時間の方が長かったものの、得てして電車旅はそうなりますよね。のんびりと瀬戸内海の景色を眺めながら、お昼に温泉に入って、ビールで一杯やれば夢心地でしょう。ニトロはビール飲めないので、炭酸飲料を飲みました。

以上で、18きっぷをすべて使い切りました!日帰りながら充実した旅行ができました。無駄にせずに済んだので良かったです。今後も、時々18きっぷで電車旅をしたいなぁ。今年は、色々とタイミングが良かったので18きっぷで旅行を組み立てましたが、普段は高速バスの旅行が多いですからね。どちらにしても貧乏旅行には変わりませんけども、乗り物好きなので時間がかかるのは一向に構いません。
来月には室戸岬のハーフマラソンに妹1と出場するので、また四国に上陸します。その時は、松山にできた石本藤雄さんのお店に行きたいです。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

株式投資

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


sponsored link