ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

アランの襟つきカーディガン-5【きょうの編みもの】

time 2016/01/16

アランの襟つきカーディガン-5【きょうの編みもの】

アランの襟つきカーディガン-1【きょうの編みもの】
アランの襟つきカーディガン-2【きょうの編みもの】
アランの襟つきカーディガン-3【きょうの編みもの】
アランの襟つきカーディガン-4【きょうの編みもの】
前回までで各パーツを編み終わり、いよいよ組み立てる段階に入りました。

果たして、きちんと仕上げることができるのか・・!!

呉仁方のお菓子屋さん『壺屋』の苺大福を食べながら。

周りの餅生地が薄めで、白あんの甘さも絶妙。苺の甘酸っぱさも◎です。
呉では有名な壺屋の苺大福ですが、久々に食べました。最近はっさく大福ばかり食べていましたが、やはり元祖フルーツ大福の苺も美味しいですね。

すくいとじが何故かずれてしまったり、相変わらず適当すぎる拾い目などを経て。

どうにか?服の形になりました。残すは襟部分のみ。見た感じは若干小さめ・・。ちょっと着てみたら、やはり袖も短くてつんつるてん状態です。完成したら水通しをして、着丈を伸ばすためにあえてハンガーにかけて干そうか・・と考えていますが、果たして無事に着れるカーディガンに仕上がるのでしょうか。

苦手意識のあったすくいとじですが、怒涛のごとく取り組むうちに要領が掴めてきたのは収穫でした。今までは「これで合ってるのかな?間違ってても、分からないけど・・」だったのが、数をこなしていくうちに「なるほど、こういうことか~」と、きちんと頭で理解できました。
反対に、袖脇下あたりのメリヤスはぎ部分はゴマカしていますけど(たぶん間違ってます)。ほとんど見えない部分ですし、繋がっていればいいと割り切りました。
こんな時、編みもの上手な人に直接教えを請いたくなります。
前立ても、本には「巻きかがり」と書いてありましたが、すくいとじでやっている人もいたのでニトロはすくいとじで。襟も順調に編み進めて、このまま完成かと思っていた矢先に問題が発生。
前回のエントリで、ニトロは自信満々に書いていました。

足りるかな~、どうかな~と心配していた毛糸は、ここまででほぼ使い切りました。
あとは襟を編むのみなので、一玉追加で大丈夫そうです。

残す部分は襟だけだし、一玉あれば不足はないと思い込んでいました。
が。あと10段ほどを残して、まさかの毛糸切れ!!!わざわざ、この一玉を買うために市内に出たニトロの苦労は。編む分量を、事前に確認しておかなかったのがいけないのですが。拾い目143目から、減らし目をしながらとはいえ49段編むわけですから・・片袖を編むために、二玉と少し使ったことを考えると、一玉では少なかったのです。編み進むうちに心に芽生えた不安感を打ち消したものの、みるみる小さくなっていく毛糸玉には抗えませんでした。

ここまでで毛糸が終わり、強制終了です。勢いのまま、完成までいきたかったのに寸止めです。急ぐわけでもないので、今度は他の毛糸も選びつつネットで買おうかしら。リアル店舗で一玉買って、660円くらいでしたからね。
ネットだと、定価から3割引き(まとめ買い価格で)だったので、多く買えば買うほど差額は大きくなります。種類も豊富で便利、価格も安い・・そりゃ皆ネットで買いますよね。。
とりあえず毛糸がないので中断です。糸始末しながら最終仕上げに備えます。
アランの襟つきカーディガン-6【きょうの編みもの】へ続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  


sponsored link