ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

syrup16gツアー『Kranke』@福岡ももちパレス-2

time 2015/07/02

syrup16gツアー『Kranke』@福岡ももちパレス-2

※ネタバレ多分に含みますので、ライブまで知りたくない方はご注意を!※

syrup16gツアーKranke@福岡ももちパレス-1の続きです。

本編ラストの辺りは、もうどこまでサービス精神旺盛なんだと。
そして、本当に40代のおっさんのライブなのかと、改めて考えました。
ギターを掻き毟って、声を張り上げる五十嵐さん。ダイキちゃんと絶妙な掛け合いをしながら真空に入る部分など、若々しいプレイが満載で「あー五十嵐さん、バンド楽しそう^^」
その姿を私たちに見せてくれることも含めて、嬉しいのです。

Hurtから、Share the lightも演奏してくれたのですが、イントロのギターから、カッコよすぎです。
五十嵐さんがギターを弾いている後ろで、ダイキちゃんがリズムに合わせて手拍子をし、観客にも要求するような手振り。それに合わせて私たちも一緒に手拍子。間髪入れず、ダイキちゃんの重いドラムが重なり、マキりんも加わって不穏な空気が完成します。
3ピースのバンドで、ここまでの迫力、圧力が出せるところに、やはり個々のプレイヤーとしての水準の高さを感じます。
Share~の歌詞は、抽象的というか、バリで死すや回想、イエロウと同系統な印象があるのですが、歌詞が物語になっているわけではない(と思う)ので、歌い手としては手こずりそうだな・・と、勝手な推測。
イエロウ、何度か聞いたことありますが、歌詞トビ多いですし^^;
でも、今回聞いたShare~は、一音一音ものすごくはっきりと歌っていて「うわ、すごい!全然不安定じゃない!」と、そこに驚きました(失礼な・・)。ギターをあれだけがっつりと弾きながら歌うなんて、傍から見ている以上に難しいはず。それができるからこそ、プロなんでしょうね。

あとは、落堕がカッコよかったなあ。
贅沢いうと、ハンドマイク五十嵐さんを観たかったのですが^^;
しかし、後半になっても声しっかり出てたし、シャウトもかっこ良いし、ギターも若干あやふやな部分あったけど、ずっこけるほどのものはなく。凄く丁寧に、でも攻めて弾けているなあ!と素人目には見えました。

全体的に、再発時より、一層「バンド」になっているように思えました。
再発と同じHurtの曲をやっていても、今回は「ああ、五十嵐さんは、こういう風に聴かせたかったのかな~」というところまで、がっちり噛み合っているような。
だから、逆に、このツアーでのKrankeの曲も、きっと、今後のライブでより進化して、強度を増していくのでしょう。冷たい掌も、今日は「ライブで聞けた」という以上の感想はないですが、今後のライブで聞ける日がきたら、より真価が分かるはずです。

MCはほぼなくて、再発大阪の時に、五十嵐さんにしては結構話してくれたのと、名古屋、仙台のライブでも色々とトピックがあがっていただけに、福岡ではどんな感じだろう?と楽しみにしていましたが、途中で「10年ぶりなので頑張ります」みたいなことを言ったのと、ダブルアンコールの前に「久しぶりなのにこんな感じですみません」とか^^
でも、次にもまた絶対来たいと嬉しいことを言って、すぐにクーデターから空をなくすに入った時は「なんて上手いんだ!かっこいいじゃないかーー!」と興奮しました。
で、終わりかと思ったら、最後はRebornでした。
セトリツイート見てたら、翌日やった、みたいなことが書いてあったので、なんだかんだ好きだけど、結局翌日に戻ってしまうニトロは期待してたのですが、どうやら仙台と福岡は翌日の代わりにRebornだったみたいですね。
大阪でどうなるか分かりませんが、今のところ、久しぶりの土地で「ただいま戻りました」というsyrupからの挨拶のような位置づけなのでしょうか。
やはり有名な曲ですし、楽しみに待っていたお客さんも多いでしょうから。アンコールの大ラスで聞ければ、単純に嬉しいですよね。

名古屋は、アンコールも曲順違ったり、明日を落としてもがなくて、Everything is wonderfulやってたり。負け犬がなかったり。
単純比較ですが、福岡と比べると2曲ほど少ない?
再発は、各地で演奏する曲が違う『地方枠』が1曲ありましたが、曲数が少ないというのはなかったので(大阪で最後の最後のアンコールで真空やったけど)福岡終わって、それまでの2公演のセトリを見て、少し驚きました。
仙台でも、Reborn前のクーデ~空をなくすはやっていないので、ここまでで一番多くの曲を演奏しているのは福岡公演ということでしょうか。
残る大阪、東京2デイズで、セトリがどのような変化を見せるのかも楽しみです。

終演後は、テンションあがった妹1と「あそこが良かった」「あれをやるとは思わなかった」とライブ感想を話しながら、45分ほどの道のりを歩いてホテルまで戻りました。今回のツアー参戦は福岡一か所のみでしたが、小ホールといえど1000人近いsyrupファンが集まって貴重な時間を共有できたことを考えると、感慨深いものがあります。
いつかは広島!をしつこく願っていますが、福岡でぎり800人だと広島クアトロは厳しいのかなあ・・。でも並木とか、もうsyrupの規模感じゃないし。クアトロ半分閉めての公演は、何となく寂しいし・・。どこか、500人くらいのちょうどいいホールってないものか。
と、来るあてもないのに会場云々を考えてしまうニトロでした。
あ、患者Tは迷ったあげく、妹ともども見送りました^^;

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  


sponsored link