ニトロのるつぼ

「低いハードルをぺたぺたと」「継続は力なり」

アランの襟つきカーディガン-3【きょうの編みもの】

time 2016/01/13

アランの襟つきカーディガン-3【きょうの編みもの】

『三國万里子』『インスタ』で検索をかけて、他人の手による三國さん作品を見るのが好きです。同じ編み図(=設計図)を見て作っているはずなのに、出来上がった作品には如実に個性が表れていて、それぞれに素晴らしくて。手作りならではのゆらぎが、作品の魅力を増幅しています。
素敵な作品群を目にしていると、ニトロも早く完成させたい!とやる気が出てきます。
アランの襟つきカーディガン-1【きょうの編みもの】
アランの襟つきカーディガン-2【きょうの編みもの】
先に後ろ身頃を編んだことで思惑通りに模様が頭に入り、格段に編みやすかった左前身頃。

ポケットがついてから、一模様分編んだところ。作り目からここまでで1玉使用します(ポケット裏部分は含まず)。ポケットがついただけで一気に服っぽさが増して可愛く見えますよね^^

当初は『編みものワードローブ』掲載のアランのカーディガンを編むために、ユザワヤ3号館でブリティッシュエロイカ143番(オートミール)10玉×2袋、合計20玉注文しました。

アランカーディガンを編む前に、妹1からのリクエストでヘンリーネックのベストを編んで約6玉使用。

編むのが楽しかったヘンリーネックのベスト。分からないなりに、どうにか前立てをつけることができた時の感動は大きかった。丈を少し伸ばすために水通しをして、あえてハンガーにかけて干したらちょうどよいサイズになりました。
写真は、水通しする前の状態です。このままだと(計算されたデザインなのでしょうが)やはり丈が短めだったので。

翻って、アランの襟つきカーディガンは規定量が700gとなっているので計算上では14玉あれば足りる計算です。
針の号数を上げているので毛糸の使用量は変わってくるでしょうが、どうにか追加することなく出来上がりまで行くと良いのですが、果たして。
最初のアランのカーディガンなら余裕で足りていたでしょうが、今回のパターンはカリヨン部分で糸を食うデザインですからね。ブリティッシュエロイカは、糸の太さもマチマチですが編んでいて楽しいです。模様編みも楽しくて「あと一カリヨンだけ・・」と思いながらも止まらず、どんどん進んでいきます。
身頃が終わったら、両袖。袖ができたら、とじたり、はぎ合わせたり・・。
平面だった編地が、立体的になる瞬間がたまらないのでしょうね。そこまで、たどり着けますように。
アランの襟つきカーディガン-4【きょうの編みもの】へ続きます。

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

編み物

美術関連

音楽

旅行

食べ物

株主優待

マラソン・ランニング

本・漫画・雑誌

ニトロのひとりごと(雑記帳)

LINEスタンプ

main
2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  


sponsored link